• MY Room                
    F1 PARTS & MINI・CAR COLLECION                                                
  • Ferrari F10
    フェルナンド・アロンソ                                     エンジン名 フェラーリTipo056                                     気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                 排気量 2,398cc                                                       最高回転数 18,000rpm                                                         シリンダーブロック アルミニウム製                                                                  バルブ数 32                                                                       ピストンボア 98mm                                                                             重量 95kg                                        スパークプラグ NGK[16][17]                                     燃料 シェルULG-66L/2                                                       潤滑油 シェル                   
  • McLaren MP4-25
    ジェンソン・バトン                      エンジン名 メルセデス・ベンツFO108X               気筒数・角度 V型8気筒・90度                排気量 2,400cc                          最高回転数 18,000rpm                                     バルブ数 32                                         ピストンボア 98mm                                                   重量 95kg
  • Red Bull RB6
    マーク・ウェバー                       エンジン名 ルノーRS27-2010                                   気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                        排気量 2,400cc                                                             最高回転数 18,000rpm                                                            シリンダーブロック アルミニウム鋳造製                                                             バルブ数 32                                                                   重量 95kg                                                                        潤滑油 トタル                                                                              エンジンマネージメント FIA(MES製)                     標準コントロールユニットTAG310B
  • Scuderia Toro Rosso
    2006 日本GP                                             ピットウオールスタンド                       チーム代表者  フランツ・トスト                            テクニカルディレクター  ジェームス・キー                                     ドライバー                                                   20. ヴィタントニオ・リウッツィ                                                                                                                                                                                21. スコット・スピード 
  •                       
  • McLaren MP4-21
    2006 日本GP ピットガレージ              デザイナー エイドリアン・ニューウェイ                               ホイール Enkei                                    エンジン Mercedes-Benz FO108S                                                 気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                          排気量 2,400cc                                                                燃料・潤滑油 モービル
  • Sauber C31
    2012 日本GP ピットガレージ                                小林 可夢偉                                           エンジン フェラーリ 056                                                        排気量 2,398 cc                               型式 自然吸気 V8エンジン                                             バンク角 90°                                                  エンジンブロック 砂型鋳造アルミニウム製                                                      ボア径 98 mm                                                      バルブ数 32                                                     バルブ駆動 ニューマチック                            

1976 F1 World Championship in Japan 公式プログラム

Category : マシンパーツ ・ グッズ
 
  今回、ご紹介するのは 1976年 F1 World Championship in Japan 公式プログラムです。


1976年、F1 GPが初めて日本で開催されました、開催されたのは冨士スピードウェイです。

当時は、日本GPの名称は他のカテゴリーで使用されていたため、「 F1世界選手権イン・ジャパン 」 という変則的なタイトルが使用されることになりました。


決勝当日は、雨であまりに危険であるとしてスタートは延期されました。
しかし、チャンピオン争いをリードしていたニキ・ラウダは、状況が危険すぎるとして自らリタイアを選択する。

そんな中、星野一義は一時3位を走行し注目を集めたがタイヤ交換の為ピットに戻った星野はリタイアせざるを得なかった。
何と交換すべきタイヤが無かったのです。
リタイアを決めた後、星野はマシンから降りることも出来ないほど悔しさで涙したという。


今では考えられない出来事です・・・・


レースは、ロータス マリオ・アンドレッティが優勝   チャンピオンシップをリードしていたニキ・ラウダがリタイアを選択したため、ジェームス・ハントが逆転でチャンピオンを決めた。


2013年の映画 "Rush" は、1976年シーズンのハントとラウダのライバル関係を描いたもので、富士スピードウェイでの最終戦も再現されていています。


この歴史的なF1初開催から39年 この公式プログラムはマニアの間では幻のプログラムでありコレクションできる事は、諦めていましたが思い入れがやっと叶い入手する事が出来ました。  涙・・・・


これで、国内開催 F1公式プログラムは全て揃いました。  ( 全コレクションを夢見て約10年が過ぎていました・・・・・ )



ps 
あと・・・雑誌では・・・F1総集編 (1990年) の一冊が欠番です・・・・ コレクターは忍耐が必要なのです・・・爆





IMG_5261.jpg


    1976 F1 World Championship in Japan  公式プログラム


IMG_5269.jpg


    24日 (日) 12 : 00   マンン入場      ( 面白い表現ですね ! )


IMG_5273.jpg


     Lotu  78   Mario  Gabriele  Andretti   初代 チャンピオン     右上


IMG_5270.jpg


     1976 F1 World Championship in Japan  公式プログラム    裏面


IMG_5293.jpg


    F1 日本 GP       公式プログラム      1987 ~ 1999      鈴鹿 サーキット
    F1 パシフィック GP   公式プログラム      1994  ~ 1995      TI サーキット


IMG_5304.jpg


     F1 日本 GP  公式プログラム   2000 ~ 2015   鈴鹿サーキット (2007・2008除く)
     F1 日本 GP  公式プログラム   2007 ~ 2008   富士スピードウエイ


IMG_5306.jpg


       F1 日本 GP    公式プログラム   1976  ・  1977      幻の二冊・・・・笑





スポンサーサイト
Posted by F1 tomo  on 03.2015   0 comments   0 trackback


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://tomo7535.blog10.fc2.com/tb.php/868-9175ac74

プロフィール

F1 tomo 

Author:F1 tomo 
コレクションしたF1パーツ・ミニカー・ラジコンボート・日本GP・身近な観光情報を紹介したいと思います!

アクセスカウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR