FC2ブログ
  • MY Room                
    F1 PARTS & MINI・CAR COLLECION                                                
  • Ferrari F10
    フェルナンド・アロンソ                                     エンジン名 フェラーリTipo056                                     気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                 排気量 2,398cc                                                       最高回転数 18,000rpm                                                         シリンダーブロック アルミニウム製                                                                  バルブ数 32                                                                       ピストンボア 98mm                                                                             重量 95kg                                        スパークプラグ NGK[16][17]                                     燃料 シェルULG-66L/2                                                       潤滑油 シェル                   
  • McLaren MP4-25
    ジェンソン・バトン                      エンジン名 メルセデス・ベンツFO108X               気筒数・角度 V型8気筒・90度                排気量 2,400cc                          最高回転数 18,000rpm                                     バルブ数 32                                         ピストンボア 98mm                                                   重量 95kg
  • Red Bull RB6
    マーク・ウェバー                       エンジン名 ルノーRS27-2010                                   気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                        排気量 2,400cc                                                             最高回転数 18,000rpm                                                            シリンダーブロック アルミニウム鋳造製                                                             バルブ数 32                                                                   重量 95kg                                                                        潤滑油 トタル                                                                              エンジンマネージメント FIA(MES製)                     標準コントロールユニットTAG310B
  • Scuderia Toro Rosso
    2006 日本GP                                             ピットウオールスタンド                       チーム代表者  フランツ・トスト                            テクニカルディレクター  ジェームス・キー                                     ドライバー                                                   20. ヴィタントニオ・リウッツィ                                                                                                                                                                                21. スコット・スピード 
  •                       
  • McLaren MP4-21
    2006 日本GP ピットガレージ              デザイナー エイドリアン・ニューウェイ                               ホイール Enkei                                    エンジン Mercedes-Benz FO108S                                                 気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                          排気量 2,400cc                                                                燃料・潤滑油 モービル
  • Sauber C31
    2012 日本GP ピットガレージ                                小林 可夢偉                                           エンジン フェラーリ 056                                                        排気量 2,398 cc                               型式 自然吸気 V8エンジン                                             バンク角 90°                                                  エンジンブロック 砂型鋳造アルミニウム製                                                      ボア径 98 mm                                                      バルブ数 32                                                     バルブ駆動 ニューマチック                            

B・A・R HONDA  F1  CAP

Category : マシンパーツ ・ グッズ
 
 2014年からF1のエンジンは大きく変わり、現在の2.4リッターV8自然吸気から1.6リッターV6直噴ターボ+エネルギー回生システムが採用されます。

皆様もご存知のようにホンダは、2015年からマクラーレンへのエンジン供給というカタチでF1復帰。
F1にマクラーレン・ホンダが復活します。

マクラーレンとはかつて、1988年から1992年までパートナーを組んだ。この間、80戦に参戦し、ポールポジション53回、優勝44回を記録。コンストラクターズチャンピオンを4回獲得した。
アイルトン・セナとアラン・プロストを擁した1988年は、16戦15勝の圧倒的な強さでシーズンを制しました。


あくまでも・・・ホンダ F1復帰に水を差すつもりは有りませんが・・・・

伊東孝紳 社長が、2009年に社長就任後、同年9月のインディジャパンの際に私的発言で「F1は魅力的ではなくなった」と、辛辣な言葉で表現されていました。
私的でも代表者の発言に気になるのは私だけ??

私の大好きなモータースポーツ・ジャーナリスト 小倉茂徳氏の 「マクラーレン・ホンダへの過大な期待の声には不安を感じざるを得ない」 とも言われていました。


期待と不安の中・・・・

F1ファンとして、創業期のモータースポーツへの情熱と財政面に左右されることなく継続参戦する事を希望したいです。




111_20131103061603690.jpg


      2005   B・A・R  HONDA   007


 444_201311022349307df.jpg


  左から HRD 田中詔一社長、BARホンダ ニック・フライ代表、テクニカル・ディレクター ジェフ・ウィリス、佐藤琢磨
  ジェンソン・バトン、本田技術研究所 木内健雄F1プロジェクトリーダー


1_20131107104506a9e.jpg


   ジェンソン・バトン  アンソニー・デビットソン  ニック・フライ  ジェフ・ウィリス  木内 健雄     直筆サイン




スポンサーサイト



Posted by F1 tomo  on 07.2013   6 comments   0 trackback

Ferrari fan さん

こんばんは!! お元気ですか?

今年は、仕事の都合で大好きなF1にも行けず・・・テンション下がっていました。
また私の知合いもSFに行かれました。

> HONDAに期待をしても全く問題ないように感じましたp(^_^)q

素晴らしいコメントを頂き有難うございます。
F1ファンの一人として国内メーカーの復帰は嬉しい限りです。

私の大好きな琢磨選手の活躍はとても励みになります。
後日、琢磨選手のミニカーをアップします。(笑・・)

また、コメントをお待ちしています!!
いつも有難うございます。
2013.11.15 20:46 | URL | F1 tomo  #- [edit]
F1 tomoさん

こんにちは。
久しぶりに投稿させて頂きます^_^

一ヶ月前のF1に続いて、
先日の日曜日にSFに行ってきました。
僕はこれが初国内フォーミュラレースでしたが、HONDAもTOYOTAも凄く活気があるようにみられましたp(^_^)q
最終戦だったからかもしれませんが、
特にHONDAの現場の情熱がひしひしと伝わってきて感動しました。
ある意味先日のF1より凄かったかもしれません。
HONDAに期待をしても全く問題ないように感じましたp(^_^)q

スタートダッシュ出来るかどうかはわかりませんが、そのつもりでいると言ってますし、長く継続すると言ってますので必ず彼等はやってくれると思います!

琢磨君もすごく元気でパワフルでした(^O^)/
2013.11.14 14:05 | URL | Ferrari fan #- [edit]
vさん

こんばんは!!

ほんと・・・羨ましいです!!
いつの日か、皆様とお会いできる事を願っています。
体調には注意してください。

いや~ 一杯くしゃみが出る事を期待していますよ!!
ryouさんに宜しくお伝えください。

2013.11.13 21:17 | URL | F1 tomo  #- [edit]
ダダンジ さん

こんばんは!!
こちらこそご無沙汰しております。

やはり鈴鹿にはホンダサウンドが響かなければ迫力がありませんね。

> 見せてやれ! POWERED BY HONDA!  The Power of Dreams ですね。

同感!! です・・・
嬉しいコメントを頂き有難うございます。
2013.11.13 21:11 | URL | F1 tomo  #- [edit]
兄さん、記事と関係ない内容で済みません・・・

ryouさんと逢って来ますね!

良い人と解っていますので、楽しいひと時を満喫して来ますヨ!!

当然、兄さんの「悪口」も話して来ますので・・・
くしゃみを気を付けて下さいね! 笑!!

いつの日か、皆で。

その日を夢見て。
2013.11.13 18:46 | URL | vさん #- [edit]
こんばんは。 おひさしぶりですw

見せてやれ! POWERED BY HONDA!  The Power of Dreams ですね。
2013.11.11 23:15 | URL | ダダンジ #n05n40aw [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://tomo7535.blog10.fc2.com/tb.php/556-b48166d1

プロフィール

F1 tomo 

Author:F1 tomo 
コレクションしたF1パーツ・ミニカー・ラジコンボート・日本GP・身近な観光情報を紹介したいと思います!

アクセスカウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR