• MY Room                
    F1 PARTS & MINI・CAR COLLECION                                                
  • Ferrari F10
    フェルナンド・アロンソ                                     エンジン名 フェラーリTipo056                                     気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                 排気量 2,398cc                                                       最高回転数 18,000rpm                                                         シリンダーブロック アルミニウム製                                                                  バルブ数 32                                                                       ピストンボア 98mm                                                                             重量 95kg                                        スパークプラグ NGK[16][17]                                     燃料 シェルULG-66L/2                                                       潤滑油 シェル                   
  • McLaren MP4-25
    ジェンソン・バトン                      エンジン名 メルセデス・ベンツFO108X               気筒数・角度 V型8気筒・90度                排気量 2,400cc                          最高回転数 18,000rpm                                     バルブ数 32                                         ピストンボア 98mm                                                   重量 95kg
  • Red Bull RB6
    マーク・ウェバー                       エンジン名 ルノーRS27-2010                                   気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                        排気量 2,400cc                                                             最高回転数 18,000rpm                                                            シリンダーブロック アルミニウム鋳造製                                                             バルブ数 32                                                                   重量 95kg                                                                        潤滑油 トタル                                                                              エンジンマネージメント FIA(MES製)                     標準コントロールユニットTAG310B
  • Scuderia Toro Rosso
    2006 日本GP                                             ピットウオールスタンド                       チーム代表者  フランツ・トスト                            テクニカルディレクター  ジェームス・キー                                     ドライバー                                                   20. ヴィタントニオ・リウッツィ                                                                                                                                                                                21. スコット・スピード 
  •                       
  • McLaren MP4-21
    2006 日本GP ピットガレージ              デザイナー エイドリアン・ニューウェイ                               ホイール Enkei                                    エンジン Mercedes-Benz FO108S                                                 気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                          排気量 2,400cc                                                                燃料・潤滑油 モービル
  • Sauber C31
    2012 日本GP ピットガレージ                                小林 可夢偉                                           エンジン フェラーリ 056                                                        排気量 2,398 cc                               型式 自然吸気 V8エンジン                                             バンク角 90°                                                  エンジンブロック 砂型鋳造アルミニウム製                                                      ボア径 98 mm                                                      バルブ数 32                                                     バルブ駆動 ニューマチック                            

南紀白浜 ・ 法隆寺

Category : 近隣観光情報
  F1タイトルブログですが、ちっと気分転換に温泉に行ってきました。

 旅番組を見ていた時、妻が以前から温泉に行きたいね~と言うので、私は安易に「いいね~」と言うと
妻は南紀白浜温泉「浜千鳥の湯」が凄く気に入っていましたので計画を立てていました。

行き当たりばったりの旅行なので、ホテルの予約と当日伺う観光地の情報だけで出発です。

翌日の観光は、フロントの方に相談し南紀白浜からだと、世界文化遺産の高野山が良いのではとアドバイスを頂きました。        
高野山までの道中は結構細い道で不安を抱えながら進んでいくと途中に「がけ崩れのため全面通行止め」の表示
それでも、迂回路があり大丈夫だろうと~と思いつつ進んでいると不安になり、「道の駅」で確認するとやはり無理との事
結局、元の道まで戻り再出発をしましたが、世界文化遺産なら法隆寺に行こうと予定変更・・・

なんとも、計画性の無い旅です(汗・・・)


CIMG3355333333.jpg

 「浜千鳥の湯」 は崖の上にあり太平洋が一望でき、とても素晴らしい景観でリフレッシュ出来ます。

k3_20120602224840.jpg

 「海つばきの湯」 はとても落ち着いた雰囲気の風呂でサウナなど浴槽が充実しています。
他には、「岩戸の湯」 「石匠の湯」 「梅香の湯」 の貸切露天風呂がありましたが、海を眺められる部屋にある         露天風呂が一番リラックスできました (笑)

k2_20120602224828.jpg

    エントランス 

k4_20120602224849.jpg

  中庭  夜はとても幻想的で綺麗でした。

k6

  夕食は、紀州の海の幸など、地元の食材を中心にした多彩な和食でした。

CIMG3349_20120602224726.jpg

  ホテル内から太平洋が一望できます、内海(瀬戸内海)で育った私には外洋は新鮮です。

87_20120603003452.jpg

  「三段壁の南側」

崖の高さは50mもあり、展望台から眺めると足がすくむほどの迫力です
その昔、漁師たちが通りゆく船や魚の群れを見張った場所「見壇」に由来するといわれるこの大岩壁は南北            2kmにわたって展開され、岩肌に打ち寄せる黒潮が激しくぶつかり合うダイナミックな光景には、自然の迫力を感じます。

s2.jpg

  「三段壁洞窟」

波が打ち寄せる三段壁洞窟内部、地底36mに広がる海蝕洞で源平合戦で知られる熊野水軍の舟隠し場の            伝承が残る史跡です。

s4.jpg

高速エレベータで地底36メートルの洞窟まで約24秒で行けます。

s5.jpg

 洞窟の最深部にあるのはこの砕ける波が見える場所です。太平洋から押し寄せて来た波は洞窟内部に入るにつれ     その高さと勢いを増し最深部のここで砕け散ります。
撮影していると凄い勢いの波でとても怖かったです、迫力満点!波の荒い日は危険なため閉鎖されます。

122.jpg

 「千畳敷」

その名のとおり広い岩畳を思わせる大岩盤。
瀬戸崎の先端から太平洋に向けて突きだしたスロープ状になった白く柔らかい岩は第3紀層の砂岩からなる大岩盤で、     打ち寄せる荒波に浸食され壮大な景観を創っています。

CIMG3054.jpg

 太平洋の大海原に向かって白い砂岩が広がる景勝地。岩畳は打ち寄せる波によって何層もの階段状に削られた      自然の造形物です、地球上とは思えない光景です。

CIMG3042.jpg

 「円月島」

正式には「高島」といい、臨海浦の南海上に浮かぶ南北130m、東西35m、高さ25mの小島ですが、島の中央に円月形の    海蝕洞がぽっかり開いていることから「円月島」と呼ばれ親しまれています。
円月島に沈む夕陽は「和歌山県の夕日100選」に選ばれており、日の沈む夕景の美しさは格別だそうです。

h1.jpg

  日本最初の世界文化遺産 「法隆寺」

この時期は、多くの修学旅行生が来られていましたが、学生の居ない時を狙っての撮影は大変でした (笑)
私も小学校の修学旅行以来なのでとても興味深く堪能できました。

h2.jpg

   「五重塔」  「金堂」

h3.jpg

   「夢 殿」

h4

   南大門からの「西院伽藍」





スポンサーサイト
Posted by F1 tomo  on 03.2012   14 comments   1 trackback

petero k さん

こんばんは、いつも有難うございます。

南紀白浜は初めて訪問しましたがとても素晴らしい所でしたね!!
私は、基本的には海が大好きです、とくに美しい海岸が・・・
私の中では、与論島が一番素敵な海でした。

また、機会を見つけて色々な所を観光したいです。
此方に来られる事が有れば、ご連絡くださいお待ちしています(笑)
2012.06.13 00:57 | URL | F1 tomo  #- [edit]
F1 tomoさん、こんばんは。
白浜は高校生の時に一度行ったきりで、あまり覚えていませんが、
こんな美しいところだったのですね。
三段壁洞窟・・・こんな所があることさえ知りませんでした。
地底36メートルまで、高速エレベーターで一気に下りられる!
スゴイですね。でもちょっと怖いかな~ 海水の色がすばらしく綺麗です。
お宿の浜千鳥の湯は素敵な旅館ですね。お食事も美味しそう・・・
混浴露天風呂ではさぞや困られたでしょうが、奥様とお二人で、良き時を過ごされてよかったです。
2012.06.09 00:01 | URL | petero k #- [edit]
ちゅうさん

こんばんは!!

嬉しいですね!
是非楽しんで欲しいです・・美幌1峠から屈斜路湖に流れるライン
ほんと素晴らしいですよ。
今でも、鮮明に記憶にあるくらいですから・・・

いゃ~・・・
私も行きたくなっりましたよ(笑)

ちなみに私は、白いセリカでした・・・(爆)
2012.06.08 21:19 | URL | F1 tomo  #- [edit]
>ちゅうさん、大空と大地計画ですが、予定にも有りましたが、私の一押し
>美幌峠ですね!!
>是非、もう一度行きたいと思っていましたから!
>あの峠を・・・GLでクルージング・・おぉぉ・・想像するだけでハイテンションになりますね。

了解です

tomo兄さんが30年前に車で行かれたとのこと
「幸福の黄色いハンカチ」と重なります

赤いファミリアが走ったところも
行ってみたいと思ってます1
2012.06.07 21:37 | URL | ちゅう #- [edit]
ちゅうさん

おはようございます。
いつも有難うございます。

実は、南紀白浜は初めて行きました、温泉に行くのでしたら良い所だと思います。
かなりの、宿泊施設が有りました。

鈴鹿サーキットに向かう時にいつも、法隆寺を通過していました、
一人で行くのは淋しいので、嫁さんを誘いました。
何十年ぶりも法隆寺は、とても素晴らしく感動しましたね!!

そうそう・・・
ちゅうさん、大空と大地計画ですが、予定にも有りましたが、私の一押し
美幌峠ですね!!
是非、もう一度行きたいと思っていましたから!
あの峠を・・・GLでクルージング・・おぉぉ・・想像するだけでハイテンションになりますね。

あ・・私の事ではないですね(爆)
2012.06.07 07:17 | URL | F1 tomo  #- [edit]
南紀白浜
以前から行ってみたいと思ってました!

法隆寺
久しぶりにtomo兄さんの写真を通して
まじまじと拝見させていただきました

私も中学のときの修学旅行でした

法隆寺
カッコいいです!
2012.06.06 23:38 | URL | ちゅう #- [edit]
ryouさん

こんばんは!!

やはり車での移動となると近隣になりますね!!
和歌山県だと約5時間程度です。

やはり私は京都が大好きですね!
以前、長男が住んでいましたのでよく行きました。

また、色々と紹介したいと思います。
2012.06.05 17:39 | URL | F1 tomo  #- [edit]
こんばんは。 いいところですね。 関東にいると西日本が、遠い。

逆に西日本にいると東日本が遠いと思います。 でもブログが無かったら、

遠い所の良い場所とか知らずに終っていたかもです。 

ブログ仲間のmuraさんも実際に会って一緒に走って、ブログここで撮影していたんだ。と言われた時

嬉しかったです。  色々な地域情報も見たいです。
2012.06.04 22:38 | URL | ryou904 #- [edit]
おかんさん

こんばんは!! いつも有難うございます。

今回、露天風呂に入浴する事が目的でしたが・・・・
混浴露天風呂で、妻とゆっくり堪能していると人の気配に妻は慌てて出ましたが、
出遅れた私は入浴して来たマダム4人に囲まれ・・・あぁぁぁです(汗・・)
妻は着替え室から大爆笑でした。
 
今回の走行距離は780kmでした。(私は岡山市在住です)
妻が、おかんさんだったら余裕の日帰りコースやね~と言っていました。
改めて日走行1.000kmの凄さを痛感しました。

恐るべし・・おかんさん 
2012.06.04 21:13 | URL | F1 tomo  #- [edit]
うわぁ~
気持ちよさそうな露天風呂~!!
美味しそうな料理~!!
お高そうな宿~!?

いいなぁ~
夫婦水入らずでまったり温泉旅行(^o^)

よし!!あたしも頑張ります!!
何をやねぇ~ん!?
2012.06.04 18:58 | URL | おかん #- [edit]
るーのぼさん

こんにちは! いつも有難うございます。

>露天風呂は、絶景ですね~、海もきれいですし最高の場所にありますね。

太平洋の絶壁にあり画像では解りにくいですが、見晴らしい素晴らしいです。
機会があれば、お勧めします。

>法隆寺は学生が凄いですよね・・・よく撮れましたね、誰もいないみたいに撮れてますよ。(^-^)

そうなんです、修学旅行で凄い数の学校が来られていましたので、その合間のタイミングに
撮影しました・・・(変なこだわり・・笑・・)

建築物を拝見すればするほど歴史の重みを感じ、感動しますよ!!
2012.06.04 17:21 | URL | F1 tomo  #- [edit]
露天風呂は、絶景ですね~、海もきれいですし最高の場所にありますね。
太平洋の海は綺麗ですね、日本海とは違う雰囲気がある海です。

法隆寺は学生が凄いですよね・・・よく撮れましたね、誰もいないみたいに撮れてますよ。(^-^)
落ち着いたいい感じのところです。
それにしても、現代まで建物が残る建築技術を持っていた昔の職人さん、凄いです。
2012.06.04 14:00 | URL | るーのぼ #- [edit]
vさん

おはようございます。

もっと計画をもって行けば良いのですが・・・
気が向いた所に、立ち寄ったりのんびりと行くのでいつもの行動です(笑)

改めて、法隆寺に行くと古都の素晴らしさを再確認し歴史に興味が出ますね。
今後、古都に嵌りそうです。

>でも、やっぱりあの素敵な温泉で素敵なマダムに囲まれてみたいⅤでした。(爆!)

あの露店風呂は、vさんにお勧めです是非、奥様と行かれたらと思います。

私は、いつも旅行に行くと年配の方から声を掛けられます(笑・・) 
なんでだろう~なんでだろう~♪

2012.06.04 08:40 | URL | F1 tomo  #- [edit]
夫婦水入らずの小旅行!

南紀白浜ですか! 行ってみたい所、又増えました!(笑)

法隆寺・・懐かしいですね。勿論、修学旅行で行きました!

でも、やっぱりあの素敵な温泉で素敵なマダムに囲まれてみたいⅤでした。(爆!)
2012.06.04 00:47 | URL | vさん #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://tomo7535.blog10.fc2.com/tb.php/270-d4645b39
  F1タイトルブログですが、ちっと気分転換に温泉に行ってきました。 旅番組を見ていた時、妻が以前から温泉に行きたいね~と言うので、私は安易に「いいね~」と言うと・・・妻は南紀白浜温泉「浜千鳥の湯」が凄く気に入っていましたので計画を立てました。行き当た?...
2012.06.07 14:23 まとめwoネタ速neo

プロフィール

F1 tomo 

Author:F1 tomo 
コレクションしたF1パーツ・ミニカー・ラジコンボート・日本GP・身近な観光情報を紹介したいと思います!

アクセスカウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR