FC2ブログ
  • MY Room                
    F1 PARTS & MINI・CAR COLLECION                                                
  • Ferrari F10
    フェルナンド・アロンソ                                     エンジン名 フェラーリTipo056                                     気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                 排気量 2,398cc                                                       最高回転数 18,000rpm                                                         シリンダーブロック アルミニウム製                                                                  バルブ数 32                                                                       ピストンボア 98mm                                                                             重量 95kg                                        スパークプラグ NGK[16][17]                                     燃料 シェルULG-66L/2                                                       潤滑油 シェル                   
  • McLaren MP4-25
    ジェンソン・バトン                      エンジン名 メルセデス・ベンツFO108X               気筒数・角度 V型8気筒・90度                排気量 2,400cc                          最高回転数 18,000rpm                                     バルブ数 32                                         ピストンボア 98mm                                                   重量 95kg
  • Red Bull RB6
    マーク・ウェバー                       エンジン名 ルノーRS27-2010                                   気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                        排気量 2,400cc                                                             最高回転数 18,000rpm                                                            シリンダーブロック アルミニウム鋳造製                                                             バルブ数 32                                                                   重量 95kg                                                                        潤滑油 トタル                                                                              エンジンマネージメント FIA(MES製)                     標準コントロールユニットTAG310B
  • Scuderia Toro Rosso
    2006 日本GP                                             ピットウオールスタンド                       チーム代表者  フランツ・トスト                            テクニカルディレクター  ジェームス・キー                                     ドライバー                                                   20. ヴィタントニオ・リウッツィ                                                                                                                                                                                21. スコット・スピード 
  •                       
  • McLaren MP4-21
    2006 日本GP ピットガレージ              デザイナー エイドリアン・ニューウェイ                               ホイール Enkei                                    エンジン Mercedes-Benz FO108S                                                 気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                          排気量 2,400cc                                                                燃料・潤滑油 モービル
  • Sauber C31
    2012 日本GP ピットガレージ                                小林 可夢偉                                           エンジン フェラーリ 056                                                        排気量 2,398 cc                               型式 自然吸気 V8エンジン                                             バンク角 90°                                                  エンジンブロック 砂型鋳造アルミニウム製                                                      ボア径 98 mm                                                      バルブ数 32                                                     バルブ駆動 ニューマチック                            

日本GP 鈴鹿サーキット 1

Category : 日本GP 2018
 待ちに待った、日本GPに予定通り、10月3日 (水) 22時に出発しましたが、兵庫県付近を走行中・・・なんと・・・・
突然ナビがその先300m先を右折して下さい・・・とアナウンス 

まさかの高速道路を通過中の右折 ガ~ン こんな所でナビの不具合? 冷や汗でビッショリになりながら、何とか途中から正常に作動し3時に無事 鈴鹿に到着しました。 汗・・・・・

その段階で、もうヘロヘロ状態でしたが、この三日間のために頑張ってきたので気持ちを直ぐに入れ替え!


10月4日 (木) 例年開催されているドライバー・サイン会が、今回は 「 ドライバーズ・ランウェイ 」 に変更されていてどんなイベントなのか不安のなか参加しましたが、ほぼ昨年と同様で並び方が変わった位でしたね。



それでは、抽選会の模様からスタートします。



20181004_131646_20181008230346337.jpg


 当選番号をモニターで拝見していると昨年よりかなり数字が飛んでいる様な気がしましたが・・・・・・


20181004_131743_20181008230348fb4.jpg


 ドキドキの・・・・・ 457  一次通過


20181007_130416_2018100823035148a.jpg


何時もの様に、一次通過してもどのドライバーが来られるのか分らないので運命に託します。
憧れの、ダニエル・リカルド選手 が来られる事を祈りましたがやはり 1/20 の確立は厳しいですね !
私の並ぶブースに来られたのは、ルノーチーム カルロス・サインツjr 選手でした 。


しかし・・・その後・・・・私に何度か奇跡が起こりました・・・・笑







スポンサーサイト
Posted by F1 tomo  on 09.2018   4 comments   0 trackback

ferrari FAN さん

こんばんは!

インフィールドエリアでは、係りの方の指示に従い立ち止まる事無くイベント会場での抽選によるサイン会に運命を託していました・・笑 たしかに知り合いは、インフィールドエリアの所でトップチーム以外は、全てサインを頂いたと聞きました。
考え方次第では、そのエリアに居座って貰った方が確立は高いですね。

また、パドック内はそんな状態だったのですね・・・汗

私の友達は、鈴鹿サーキットのクイズ? でパドックバスが当選しハイテンションになっていましたね。
その気持ちはとても理解ができますが・・・
私が初めて先輩とパドック内を同行した時は、大きな手荷物持たず決してドライバーに遭遇しても走ってはいけないし状況の判断次第ではサインは求めないで下さいと教わりました。
私的ですけど、サーキットの方にはパドックは、特別なエリアなのでもうす少し配慮した対応が必要な気がしますね。

モータースポーツ・ファンがもっと楽しめる企画・ルールが浸透すれば素晴らしいと思います。
2018.10.14 19:21 | URL | F1 tomo  #- [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018.10.12 14:24 | | # [edit]
ferrari FAN さん

こちらこそ大変ご無沙汰しております。
ブログに訪問して頂き本当に有難うございます。お待ちしていました・・・笑

今回も、私にとっては夢のような出来事が会ったのですね! 私は映像でしかお見かけした事が無いので文面を拝読するだけで鳥肌が立ちました。改めてそんなに親しい関係だったのですね・・・
もう次元が違いすぎて言葉が出ません。

私は、仕事の関係上 連休も祝日も無いのでこの日本GPが、一年で唯一の連休です。汗
木・金・土の三日間のために一年間頑張っているような気がします。笑

もちろん、今回の楽しみの1つで有るインフィールドに行きました。(金・土)
本当はサインが欲しかったのですが、ファンの圧倒的なパワーに怯みゲート前には並びませんでした。

また、ferrari FAN さんの武勇伝がお聞きしてとっても嬉しいです!
今後とも宜しくお願します。

2018.10.11 13:58 | URL | F1 tomo  #- [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018.10.10 16:11 | | # [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://tomo7535.blog10.fc2.com/tb.php/1180-19119650

プロフィール

F1 tomo 

Author:F1 tomo 
コレクションしたF1パーツ・ミニカー・ラジコンボート・日本GP・身近な観光情報を紹介したいと思います!

アクセスカウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR