• MY Room                
    F1 PARTS & MINI・CAR COLLECION                                                
  • Ferrari F10
    フェルナンド・アロンソ                                     エンジン名 フェラーリTipo056                                     気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                 排気量 2,398cc                                                       最高回転数 18,000rpm                                                         シリンダーブロック アルミニウム製                                                                  バルブ数 32                                                                       ピストンボア 98mm                                                                             重量 95kg                                        スパークプラグ NGK[16][17]                                     燃料 シェルULG-66L/2                                                       潤滑油 シェル                   
  • McLaren MP4-25
    ジェンソン・バトン                      エンジン名 メルセデス・ベンツFO108X               気筒数・角度 V型8気筒・90度                排気量 2,400cc                          最高回転数 18,000rpm                                     バルブ数 32                                         ピストンボア 98mm                                                   重量 95kg
  • Red Bull RB6
    マーク・ウェバー                       エンジン名 ルノーRS27-2010                                   気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                        排気量 2,400cc                                                             最高回転数 18,000rpm                                                            シリンダーブロック アルミニウム鋳造製                                                             バルブ数 32                                                                   重量 95kg                                                                        潤滑油 トタル                                                                              エンジンマネージメント FIA(MES製)                     標準コントロールユニットTAG310B
  • Scuderia Toro Rosso
    2006 日本GP                                             ピットウオールスタンド                       チーム代表者  フランツ・トスト                            テクニカルディレクター  ジェームス・キー                                     ドライバー                                                   20. ヴィタントニオ・リウッツィ                                                                                                                                                                                21. スコット・スピード 
  •                       
  • McLaren MP4-21
    2006 日本GP ピットガレージ              デザイナー エイドリアン・ニューウェイ                               ホイール Enkei                                    エンジン Mercedes-Benz FO108S                                                 気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                          排気量 2,400cc                                                                燃料・潤滑油 モービル
  • Sauber C31
    2012 日本GP ピットガレージ                                小林 可夢偉                                           エンジン フェラーリ 056                                                        排気量 2,398 cc                               型式 自然吸気 V8エンジン                                             バンク角 90°                                                  エンジンブロック 砂型鋳造アルミニウム製                                                      ボア径 98 mm                                                      バルブ数 32                                                     バルブ駆動 ニューマチック                            

旧野崎家住宅

Category : 近隣観光情報

 先日、妻と休日が合い自宅から車で約50分の所にある 「旧野﨑家住宅 (国指定重要文化財) 」に行ってきました。


旧野﨑家住宅は、江戸後期に製塩業と新田開発で財を成した野崎武左衛門が天保4年(1833年)頃から建築した屋敷。

約3000坪の敷地には、枯山水の庭園、約42mの奥行きがある主屋、表書院、土蔵、茶室などが点在する。
雄大な規模の上層民家で屋敷全体の構成も貴重であると、国の重要文化財に指定されている。
野崎家塩業歴史館も併設され、6棟の土蔵のうち2棟の展示館に塩業資料や民具を展示しています。



ほんの少しの訪問でしたが、塩田王・野崎武 左衛門の業績や、 社会貢献事業を改めて知りその偉大さに感動を覚えとても有意義な時間を過ごすことが出来ました。




1_2015021920032762b.jpg



長屋門     長屋門の石垣は、鉢巻積みの工法によるもので、七段の石段を上がると右に桃座敷、左に南座敷がある。
このような門造りは、江戸時代の大庄屋建築のなかでも特に壮麗であり、天保9年(1838)に竣工している。

 


2_201502192003524c6.jpg



表書院    野崎家の中心となる建物で、貴賓の応接にあてられた。嘉永4年(1851)1月から嘉永5年6月までの1年半をかけて竣工した。



G01135_201502221804482cb.jpg


    君が代に唄われている 「 さざれ石 」


22_20150219200539f8a.jpg



   江戸後期、岡山藩主のおなりに際して、お籠を置く  「お籠石」  その形はちょうど野崎家の塩田の形なのです。



3_201502192003283b1.jpg



   中座敷    野崎家が住まいの中心とした主屋は天保4年(1833)頃の建築



4_201502192003293e4.jpg



    中座敷から向座敷まで23間  (42m)   9つの座敷が連続している。



5_20150219200353fcd.jpg


    苔むす庭     邸内には陰陽石が19対あります。


6_201502192003552b1.jpg


 扇面の石   野崎家住宅の背後に明治~大正時代に欠けて造られた石垣。このような高度な技術が使われています。


7_20150219200430b53.jpg



土蔵群    長屋門を潜ると主屋の右手に土蔵群が迫ってくる。蔵は「商人のお城」とも言われ右から岡蔵・新蔵・書類蔵・大蔵・内蔵と並び、さらに内蔵の後方には夜具蔵が配されている。



8_20150219200514a98.jpg


   岡蔵内の 雛


10_20150219200517ce1.jpg


   野崎家 暴風提灯  


9_20150219200516b83.jpg




11_20150219200537dc1.jpg


      なまこ壁と焼き板




スポンサーサイト
Posted by F1 tomo  on 22.2015   4 comments   0 trackback
 HOME 

プロフィール

F1 tomo 

Author:F1 tomo 
コレクションしたF1パーツ・ミニカー・ラジコンボート・日本GP・身近な観光情報を紹介したいと思います!

アクセスカウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR