• MY Room                
    F1 PARTS & MINI・CAR COLLECION                                                
  • Ferrari F10
    フェルナンド・アロンソ                                     エンジン名 フェラーリTipo056                                     気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                 排気量 2,398cc                                                       最高回転数 18,000rpm                                                         シリンダーブロック アルミニウム製                                                                  バルブ数 32                                                                       ピストンボア 98mm                                                                             重量 95kg                                        スパークプラグ NGK[16][17]                                     燃料 シェルULG-66L/2                                                       潤滑油 シェル                   
  • McLaren MP4-25
    ジェンソン・バトン                      エンジン名 メルセデス・ベンツFO108X               気筒数・角度 V型8気筒・90度                排気量 2,400cc                          最高回転数 18,000rpm                                     バルブ数 32                                         ピストンボア 98mm                                                   重量 95kg
  • Red Bull RB6
    マーク・ウェバー                       エンジン名 ルノーRS27-2010                                   気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                        排気量 2,400cc                                                             最高回転数 18,000rpm                                                            シリンダーブロック アルミニウム鋳造製                                                             バルブ数 32                                                                   重量 95kg                                                                        潤滑油 トタル                                                                              エンジンマネージメント FIA(MES製)                     標準コントロールユニットTAG310B
  • Scuderia Toro Rosso
    2006 日本GP                                             ピットウオールスタンド                       チーム代表者  フランツ・トスト                            テクニカルディレクター  ジェームス・キー                                     ドライバー                                                   20. ヴィタントニオ・リウッツィ                                                                                                                                                                                21. スコット・スピード 
  •                       
  • McLaren MP4-21
    2006 日本GP ピットガレージ              デザイナー エイドリアン・ニューウェイ                               ホイール Enkei                                    エンジン Mercedes-Benz FO108S                                                 気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                          排気量 2,400cc                                                                燃料・潤滑油 モービル
  • Sauber C31
    2012 日本GP ピットガレージ                                小林 可夢偉                                           エンジン フェラーリ 056                                                        排気量 2,398 cc                               型式 自然吸気 V8エンジン                                             バンク角 90°                                                  エンジンブロック 砂型鋳造アルミニウム製                                                      ボア径 98 mm                                                      バルブ数 32                                                     バルブ駆動 ニューマチック                            

日本GP 鈴鹿サーキット 7  最終編

Category :  日本GP 2014
 早いもので、日本GPから一ヶ月が経ちました。


今回の日本GPは、直前まで仕事の関係で無理だと諦めていましたので再び観戦出来たことに感謝です。


多くの仲間との再会、新たな出会い、私にとって有意義な時間を持つことが出来ました・・ほんと元気を頂きました!
また、お会いできる事を楽しみにしています、 お世話になり有難うございました。 笑・・・



いつも、日本GPの思い出にサーキット内を撮影しています。  2014年のテーマは、 「 光 と 影 」 


F1は、モータースポーツの世界最高峰のカテゴリであり、華やかで最高水準の技術・テクニックが堪能出来る
素晴らしいエリアですが・・・


今回の、ジエール ビアンキ選手の事故で華やかな反面・リスクを伴う世界・・・・・ 「 光 と 影 」 


とても複雑な思いの残る、日本GPでした。



ジエール ビアンキ選手の回復を祈るのみです。





001_201410232325339a6.jpg


         Marlboro     Shop
  

IMG_2525.jpg


       PADDOCK    AREA


IMG_2524.jpg


       PADDOCK    AREA


IMG_2519.jpg


      SCUDERIA   FERRARI     PADDOCK


IMG_2526.jpg


      FORMULA   ONE     PADDOCK  CLUB


IMG_2579.jpg


       SUZUKA   CIRCUIT     GP  ENTRANCE



8888_201410232343219e5.jpg


       FERRIS    WHEEL   JUPITER









スポンサーサイト
Posted by F1 tomo  on 02.2014   4 comments   0 trackback

日本GP 鈴鹿サーキット 6  Red  Bull  X2010  

Category :  日本GP 2014
 今回、ご紹介するのは鈴鹿サーキット GPスクエア で展示されていました Red Bull X2010 です。


Red Bull X2010は、PlayStation 3用ゲームソフト 「グランツーリスモ5」 に登場する架空のレーシングカーです。
開発にF1コンストラクターのレッドブル・レーシング、レーシングドライバーのセバスチャン・ベッテルが協力しています。


「レギュレーションの枠にとらわれない、地上最速のレーシングカー」とはどのようなものか、という構想を形にした車両です。


とても未来的なデザインで、レッドブルのF1マシン 同様のペイントが施されているためとても美しいマシンです。





IMG_2424.jpg


       Red  Bull  X2010


IMG_2431.jpg


        SIDE   VIEW


IMG_2428.jpg


         Driver   Sebastian   Vettl 
 

IMG_2432.jpg




IMG_2430.jpg


      FRONT  WHEEL    BRIDGSTONE


IMG_2425.jpg


        FRONT  VIEW





     Red  Bull  X2010    PROTO TYPE






Posted by F1 tomo  on 26.2014   4 comments   0 trackback

日本GP 鈴鹿サーキット 5  ピットガレージ 編

Category :  日本GP 2014
 今回、ご紹介するのはピットガレージです。


2014年 F1ルール ( レギュレーション ) により最も印象的なボディワーク は、ノーズコーン (先端部分) ですね!

段差ノーズの廃止によりノーズの段差をなくす対策が採用され合わせて、安全面からノーズの高さを低くする措置も採用されました。

ノーズ先端の高さが大幅に引き下げられたため、先端部のみ細長く垂れ下がった 「アリクイノーズ」 や 「エイリアンノーズ」 と呼ばれるノーズが登場しました。


あまり・・・美しくないと思っているのは・・・私だけ ?


また、最終戦までタイトル争いが継続することを狙い、最終戦ではドライバーズ選手権とコンストラクターズ選手権のポイントが2倍になる。


そんなことをするのは・・・・面白くないと思うのは・・・・私だけ ? 汗・・・・・




画像が多いですが、ピットガレージの雰囲気を感じてくださいね!




IMG_2355.jpg


   インフィニティ・レッドブルレーシング  ピットウォールスタンド

ピットウォールスタンド
ピットガレージとは別に設営されるレース中の「司令基地」。各種情報モニターや通信機器が設置されており、チームの監督や            レース・ディレクターなどは、この場所に陣取り指揮を執ることが多い。


002_20141021225851c51.jpg


      ピットガレージ


003_20141021225852269.jpg




IMG_2350.jpg


      ピットガレージ
 

004_201410212258533f9.jpg


     インフィニティ・レッドブルレーシング      1 セバスチャン・ベッテル    3 ダニエル・リカルド


IMG_2303.jpg


      ピットガレージ


007_20141023174422f51.jpg


      ピットガレージ


008.jpg


    メルセデスAMGペトロナスF1チーム     44 ルイス・ハミルトン   6 ニコ・ロズペルグ


IMG_2299.jpg


     スクデリア・フェラーリ  ピットウォールスタンド


010.jpg


     ピットガレージ


009.jpg


      スクデリア・フェラーリ       14 フェルナンド・アロンソ     7 キミ・ライコネン


011.jpg


      ロータスF1チーム ピットウォールスタンド


012.jpg


     ロータスF1チーム        8 ロメイン・クロージャン     13 ハストール・マルドナド


005_20141021225854bdb.jpg


    ノーズコーン


006_2014102317442167c.jpg


     マクラーレンメルセデス      22 ジェンソン・バトン     20 ケビン・マクヌッセン


013.jpg


     サハラ・フォースインディアF1チーム ピットウォールスタンド


015.jpg


      ノーズコーン


014_20141023174501825.jpg


     サハラ・フォースインディアF1チーム     27 ニコ・ヒュルケンベルグ    11 セルジオ・ペレス


IMG_2230.jpg


     ノーズコーン


020.jpg


      ザウバーF1チーム    99  エイドリアン ・ スーティル   21   エスティハン ・ グティエレス


016.jpg

      
      ノーズコーン


017.jpg


      スクーデリア・トロロッソ       26 ジャン・エリック・ベルニュ    26 ダニール・クビアト


019.jpg


      ノーズコーン


IMG_2207.jpg


     ウイリアムズ・マルティーニレーシング       19 フェリペ・マッサ     77 バルテリ・ホッタス


023.jpg


      ノーズコーン


022.jpg


     マルシャF1チーム          17 シュール・ビアンキ       4 マックス・チルトン


024.jpg


     ノーズコーン


025.jpg


      ケータハムF1チーム          10 小林 可夢偉       9 マーカス・エリクソン







Posted by F1 tomo  on 23.2014   2 comments   0 trackback

日本GP 鈴鹿サーキット 4 サイン  続編

Category :  日本GP 2014
  前回、ご紹介させて頂きました、「 ナイジェル・マンセル 」 サインの続編です。 (笑・・・)


先日、Kさんから鈴鹿サーキットでのお礼のメールが届きました。


私のブログを紹介すると・・・・
その時の、ナイジェル・マンセル氏のサインの画像が送られてきました。  (撮り損ねていました 汗・・)
今までに見たことの無い、とても丁寧なサイン

やはり、マンセル ファンの奥様だからこそ頂けたサイン 素晴らしい! 


F1のおかげで(笑)・・・・・偶然に知合い親しくさせて頂く、こうしたご縁を大切にしたいですね。
この年齢になっても友人が増えることに感謝・感謝です。


Kさん、奥さん  有難うございました! 



前回の問題   ハートマーク のサインは、道端ジェシカ です。  (爆・・・)






     002_201410211806126fc.jpg


          ナイジェル・マンセル   直筆サイン   



 
Posted by F1 tomo  on 21.2014   4 comments   0 trackback

日本GP 鈴鹿サーキット 4 サイン 編

Category :  日本GP 2014
 今回、ご紹介するのはF1ドライバー サイン 編です。

6月の初旬に、先輩より日本GPにナイジェル・マンセル氏が来日するとの情報を頂きました。

ナイジェル・マンセル氏 ファンの私が考えたサインを頂くアイテムは「 書物 」
古本屋で探しても見つからず、ネットで検索かけても思ったものが無い・・・・汗・・・・

そこは、持つべきは友・・・・

海外在住の友人に相談し是非、日本GPまでに送って欲しいと捜索願い! (笑・・・)

友人にお願いした 「 書物 」 の条件

 1.   表紙タイトルに  Nigel Mansell  のロゴがあること
 2.  表紙にフェラーリ時代のF1マシン画像
 3.  新品 未開封品
 
 「友人」  帰ってきた・・・返事は・・・・無理!   だいたい、約25年前の書物の未開封品など無いよ!  

 「私」   そりゃ・・そうだよな~でも、まだ日にちが有るから頑張ってね!  (無責任・・・笑)


あれから・・・数ヵ月が経ち 日本GP 10日前にエアー便で届いた書物は、私の条件通りの書物でした、流石・・・


いざ日本GPに行き100名様限定 サイン会の抽選に望みましたが・・・・あえなく落選  
パドックでも会えず・・・・トホホ・・・・

気落ちしながらパドック入口横で休憩している時に、たまたま愛知県在住のKさんご夫婦とお話をする機会がありました。
なんと奥様が、ナイジェル・マンセル氏のファンでサイン会に当選したとの事です。
そこで持参していた 「 書物 」 を渡しこれにサインを頂いたらと提案  (おせっかい・・笑)


サイン会から帰ってきた奥様にサインを見せて頂きましたが・・・今までに見たことの無い素晴らしく丁寧なサイン!
見た瞬間 鳥肌が立ちました! 


数ヶ月掛かって探し届いたアイテムの最後は、Kさんの奥様でした!  


今回のサインの件で一番喜んでいるのは、Kさんの奥様より・・・・経緯を話した友人と・・・私です! 
大切にし頂ければ嬉しいです。



とても記憶に残るシーンでした。  (アイテムの画像が無くゴメンナサイ・・・)





3322_201410160745157db.jpg


    2012 Red Bull RB8    FIA Formula One World Championship    Sebastian  Vettl 


IMG_2757_20141016074540b65.jpg


   GEOX  コックピット・サイドパネル       ダニエル ・ リカルド     セバスチャン ・ ベッテル 直筆サイン


DSC_3162_2014101719095402e.jpg


     2006 日本GP    Red Bull RB2       デビッド ・ クルサード 


IMG_2749_20141016074440475.jpg


     2006 日本GP   Red Bull  RB2 実使用      フロントウィング翼端盤


        IMG_2744_20141016082011e06.jpg


           デビッド ・ クルサード     直筆サイン


        IMG_2754_2014101608202931a.jpg


           クリスチャン ・ ホーナー    Red Bull チーム代表


00_20141017190232f0a.jpg

    
 2006 ハンガリーGP Honda Racing F1 Teamで初優勝を果たした記念プレート  ジェンソン ・ バトン 直筆サイン


IMG_2703_20141017190231715.jpg


   ニキ ・ ラウダ   直筆サイン   ( 台風が近ずくなかサインを頂いた直後 青空が見えました・・笑 )

     
IMG_2718.jpg


上段 左 時計回りより

メルセデスAMGペトロナスF1チーム  ルイス・ハミルトン    スクーデリア・フェラーリ チーム代表  マルコ・マティアッチ   
サハラ・フォースインディアF1チーム   ニコ・ヒュルケンベルグ      ○○ ♡ ?
スクーデリア・トロロッソ          ジャン・エリック・ベルニュ       マルシャF1チーム     マックス・チルトン   
ロータスF1チーム              小松礼雄 レース・エンジニア



そこで・・・皆様に問題です!    右下の ハートマーク ♡ のサインは誰でしょうか? (笑・・)





Posted by F1 tomo  on 18.2014   2 comments   0 trackback
 HOME 

プロフィール

F1 tomo 

Author:F1 tomo 
コレクションしたF1パーツ・ミニカー・ラジコンボート・日本GP・身近な観光情報を紹介したいと思います!

アクセスカウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR