• MY Room                
    F1 PARTS & MINI・CAR COLLECION                                                
  • Ferrari F10
    フェルナンド・アロンソ                                     エンジン名 フェラーリTipo056                                     気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                 排気量 2,398cc                                                       最高回転数 18,000rpm                                                         シリンダーブロック アルミニウム製                                                                  バルブ数 32                                                                       ピストンボア 98mm                                                                             重量 95kg                                        スパークプラグ NGK[16][17]                                     燃料 シェルULG-66L/2                                                       潤滑油 シェル                   
  • McLaren MP4-25
    ジェンソン・バトン                      エンジン名 メルセデス・ベンツFO108X               気筒数・角度 V型8気筒・90度                排気量 2,400cc                          最高回転数 18,000rpm                                     バルブ数 32                                         ピストンボア 98mm                                                   重量 95kg
  • Red Bull RB6
    マーク・ウェバー                       エンジン名 ルノーRS27-2010                                   気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                        排気量 2,400cc                                                             最高回転数 18,000rpm                                                            シリンダーブロック アルミニウム鋳造製                                                             バルブ数 32                                                                   重量 95kg                                                                        潤滑油 トタル                                                                              エンジンマネージメント FIA(MES製)                     標準コントロールユニットTAG310B
  • Scuderia Toro Rosso
    2006 日本GP                                             ピットウオールスタンド                       チーム代表者  フランツ・トスト                            テクニカルディレクター  ジェームス・キー                                     ドライバー                                                   20. ヴィタントニオ・リウッツィ                                                                                                                                                                                21. スコット・スピード 
  •                       
  • McLaren MP4-21
    2006 日本GP ピットガレージ              デザイナー エイドリアン・ニューウェイ                               ホイール Enkei                                    エンジン Mercedes-Benz FO108S                                                 気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                          排気量 2,400cc                                                                燃料・潤滑油 モービル
  • Sauber C31
    2012 日本GP ピットガレージ                                小林 可夢偉                                           エンジン フェラーリ 056                                                        排気量 2,398 cc                               型式 自然吸気 V8エンジン                                             バンク角 90°                                                  エンジンブロック 砂型鋳造アルミニウム製                                                      ボア径 98 mm                                                      バルブ数 32                                                     バルブ駆動 ニューマチック                            

2018 AUTOBACS SUPER GT Round 1 OKAYAMA

Category : SUPER GT
 SUPER GTの開幕戦となる 「2018 AUTOBACS SUPER GT Round 1 OKAYAMA GT 300km RACE」 が
4月7日~8日の2日間にわたって岡山国際サーキットで開催されました。



私は、今回初めてSUPER GTの観戦に8日 日曜日に行って来ました。
初観戦なので友達が、GUEST・PASSを用意して頂き並ぶ事も無く駐車場も観戦エリアの隣でとても便利でした。


ARTAのGUEST・PASSでは、ピット内で見学が出来たり戦略的なお話が聞けたりとても貴重な経験が出来ました。
また、プログラムなどのお土産・昼食も頂けて感謝・感謝です。


今回は、やはり注目のジェンソン・バトン選手の影響なのか?  多くのファンが来られていました。
レース前のサイン会では、ファン感の時と同じように約2時間以上前から列が出来ていましたね~

レイブリックのピットは、ARTAの隣なので、運が良ければバトン選手にサインを頂けたらと思っていましたが、
それでも無理でした・・・・汗


来年、またチャレンジしないとね・・・!


今回、招待を頂き Nさんお世話になり有難うございました。





20180412_200755.jpg




20180408_103155.jpg





20180408_084024.jpg





20180408_094253.jpg





20180408_084043.jpg







スポンサーサイト
Posted by F1 tomo  on 12.2018   0 comments   0 trackback

岡山国際サーキット ファン感 その3

Category : SUPER GT
 
 早いもので、岡山国際サーキット ファン感謝デーからもう一週間が経ちました。 

今回、紹介するのは 2007年 ホンダ RA107 ジェンソン・バトン 実使用バイザーです。


以前から、このアイテムにサインを入れて頂きたかったのですが、ジェンソンは、メモラビアイテムにはサインをしないとの
情報があり、千葉の友達 Aさんからアドバイスを頂きなんとか形になりました。

それもスマイリーマーク付きのオートグラフなので大切にコレクションしたいと思います。
とても貴重なアドバスを頂き感謝します。有難うございました!


スペック

    ■   3mm厚のF1規格
    ■   上淵に防風ゴム
    ■   BELL RACING HELMETS
    ■   TYPE SE03
    ■   ダブルスクリーン・アンチフォグシステム
    ■   薄いブルーミラー色




beau_rivagef1-img599x398-1437108836cefyzh4685_20180325165911907.jpg
                                                                借用画像

     2007 HONDA RA107  Jenson  Button


20180325_160044.jpg


    Jenson   Button    Practical  use  Visor.


20180325_160204.jpg





20180325_160309.jpg







Posted by F1 tomo  on 25.2018   2 comments   0 trackback

岡山国際サーキット ファン感 その2

Category : SUPER GT
 
 今回は、岡山国際サーキット ファン感謝デー その2です。


前回 お話ししましたが、バトン選手にサインをして頂きたく少しでも確立を高めるために妻を誘い二人体制で挑みました!

妻は、今回ファン感がモーター・スポーツ初観戦のまったくの素人
当然の事ながら、スーパーGTとは何のことやら状態ですが、モータースポーツに興味を持てれば十分です。


サインを貰った妻に、ドライバーとチームスタッフの違いが良く分かったな~と聞くと靴を見てドライバーと
認識したみたいです。
妻曰く、ドライバーの靴はペッタンコで多くのファンが居るから直ぐに分かったとの事



また、サインを頂くときには、正面に立たずに少し斜め前から手元にアイテムを差し出し ドライバーの方の手にサインペンの
インクが付かないように緩めたペン先のキャップを持ってサインをして頂く事を心がけたよ~ と・・・・


サインを頂けとても面白かったみたいです!   私より向いてるかも・・・・・笑




20180322_155954.jpg


誰か分からないが、この方の顔は見たことが有るよ~ とサインをして頂いたとの事
「日本一速い男」  星野一義 監督のサイン  私はいまだ貰ったことの無いのに・・・・ 汗


20180322_160014.jpg


妻が、サインを頂いた 「 バインダー・ファイル 」  いきなの 本山選手 山本選手 ロニー選手 がセンターに・・・・
  

20180322_155753.jpg


他、何人かのドライバーは、私がサインを頂きましたが・・・妻の方が多かったとは・・・トホホ


20180322_161408.jpg


当初は、5ZIGENチームに在籍したドライバーにサインをして頂こうと思っていましたが、そんな余裕が無いので
好きな選手に頂きました。


20180322_155431.jpg


ほとんどのドライバーfは、アイテムを差し出すと普通にサインをして頂いたのですが、ニック・キャシディ選手は、
パーツを手に取り 「何処のパーツなんだ! チームは・・・」 とかなり質問攻め  なんとも、貴重な経験でした。





Posted by F1 tomo  on 22.2018   3 comments   0 trackback

岡山国際サーキット ファン感 その1

Category : SUPER GT
 
  岡山国際サーキット ファン感謝デイに3月18日 (日) に行って来ました !

F1の世界で計17シーズンを戦い、通算15勝をマーク 2009年にはワールドチャンピオンにも輝いた。
ジェンソン・バトンが2018年、「スーパーGT」 にフル参戦することは皆さんご存知のとうりですよね!


そこで、バトン選手にサインをして頂くため、私より仕事が多忙な妻に2ヶ月前からスケジュール調整してもらい
二人体制でバトン選手のサイン獲得に挑戦してみました !
妻は今回のファン感が、モータースポーツ観戦 デビューです。


その日から、どんなアイテムにしようかと準備しながらサインペンも新調しペン先も整えながらテンション・マックス状態 !
そこで、候補としてレプリカ・ヘルメット ・ パーツ ・ ミニカー数台 と欲望の嵐


 F1仲間からバトン選手は、メモラビアイテムにはサインをしないと知らされていましたが・・・・
レプリカのヘルメットなので多分、大丈夫かなと思い、またファン感なので女性の方が良いと思い妻に託しました!


約2時間前から並び何とかサイン会ブースにたどり着きました。

順番が近ずき妻が、ヘルメットを差し出すと・・・ホンダスタッフ、周りのファンからも良いねと声が掛かりました!
夢にまで見た、ヘルメットにサインをして頂く瞬間  ドキドキしながら後ろから見ていました。


すると・・・・バトン選手は、これにはサインは出来ないよ! と・・・・・・ あぁぁぁぁ・・・私・・頭真っ白・・・撃沈


余裕の妻は、でしたらこのミニカーにお願いしますと笑顔でサインを頂いていました ! 怖いもの知らず・・・・トホホ!
( もしもの為、ミニカーを渡していました )


私は、気を取り直して千葉のF1友達 A氏直伝必殺技を用意していました・・・また次回に紹介します!   笑






20180318_115302.jpg


    チーム国光 オープンピット


20180318_114300_2018032019302494a.jpg





20180320_191031.jpg


   撃沈 レプリカ・ヘルメット 2009 ワールドチャンピオン 仕様    笑


20180320_185950.jpg


    BAR HONDA 和田康裕氏 とコラボしてもらいました。




Posted by F1 tomo  on 20.2018   4 comments   0 trackback

岡山国際サーキット ファン感  3

Category : SUPER GT
 
 今回、紹介するのは 2012 ケーターハム CT01 フロント ウイング エンドフラップ です。

岡山国際サーキット ファン感謝デーで一番の目的は、このパーツにヘイキ・コバライネンのサインを頂く事です。



前日から、サイン・ペンを理想の文字の太さに調整し直前まで何度も験しが書きをして準備万端にしていました。
AM7:00 からひたすら待つこと・・・・1時間半・・・・

そんななか・・・突然・・・コバライネンの登場 !


May I have your autograph and car number please !     #20 ・・・・・


サインと同時にカーナンバーもお願いしましたが・・・・サインしか出来ないよ !  と・・・・断れてしまいました。 汗

サインも理想よりかなり細字で小さめ また、ちょっと簡易的なような・・・・・   
この瞬間を何年も待っていたので・・・・・・ 涙


いやいや・・・失礼な事は言ってはダメですね 反省します。  汗
サインをして頂き有難うございました ! これからもスーパーGTを盛り上げてください応援します !







Heikki_Kovalainen_2012_Malaysia_FP1_20150831220706504_20170323125407525.jpg


     Caterham  CT01     Heikki   Kovalainen


011_20150820160306d40_20170323125352f02.jpg


    2012   Japanese  GP    Caterham   F1  Team   Pit Garage


DSCF2667_20170323125353cde.jpg


    Heikki   Kovalainen


DSCF2725.jpg


     Caterham  CT01   Front Wing End Plate


DSCF2729.jpg


     Heikki   Kovalainen    Autograph   signature






Posted by F1 tomo  on 26.2017   0 comments   0 trackback
 HOME 

プロフィール

F1 tomo 

Author:F1 tomo 
コレクションしたF1パーツ・ミニカー・ラジコンボート・日本GP・身近な観光情報を紹介したいと思います!

アクセスカウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR