• MY Room                
    F1 PARTS & MINI・CAR COLLECION                                                
  • Ferrari F10
    フェルナンド・アロンソ                                     エンジン名 フェラーリTipo056                                     気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                 排気量 2,398cc                                                       最高回転数 18,000rpm                                                         シリンダーブロック アルミニウム製                                                                  バルブ数 32                                                                       ピストンボア 98mm                                                                             重量 95kg                                        スパークプラグ NGK[16][17]                                     燃料 シェルULG-66L/2                                                       潤滑油 シェル                   
  • McLaren MP4-25
    ジェンソン・バトン                      エンジン名 メルセデス・ベンツFO108X               気筒数・角度 V型8気筒・90度                排気量 2,400cc                          最高回転数 18,000rpm                                     バルブ数 32                                         ピストンボア 98mm                                                   重量 95kg
  • Red Bull RB6
    マーク・ウェバー                       エンジン名 ルノーRS27-2010                                   気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                        排気量 2,400cc                                                             最高回転数 18,000rpm                                                            シリンダーブロック アルミニウム鋳造製                                                             バルブ数 32                                                                   重量 95kg                                                                        潤滑油 トタル                                                                              エンジンマネージメント FIA(MES製)                     標準コントロールユニットTAG310B
  • Scuderia Toro Rosso
    2006 日本GP                                             ピットウオールスタンド                       チーム代表者  フランツ・トスト                            テクニカルディレクター  ジェームス・キー                                     ドライバー                                                   20. ヴィタントニオ・リウッツィ                                                                                                                                                                                21. スコット・スピード 
  •                       
  • McLaren MP4-21
    2006 日本GP ピットガレージ              デザイナー エイドリアン・ニューウェイ                               ホイール Enkei                                    エンジン Mercedes-Benz FO108S                                                 気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                          排気量 2,400cc                                                                燃料・潤滑油 モービル
  • Sauber C31
    2012 日本GP ピットガレージ                                小林 可夢偉                                           エンジン フェラーリ 056                                                        排気量 2,398 cc                               型式 自然吸気 V8エンジン                                             バンク角 90°                                                  エンジンブロック 砂型鋳造アルミニウム製                                                      ボア径 98 mm                                                      バルブ数 32                                                     バルブ駆動 ニューマチック                            

岡山国際サーキット ファン感  3

Category : SUPER GT
 
 今回、紹介するのは 2012 ケーターハム CT01 フロント ウイング エンドフラップ です。

岡山国際サーキット ファン感謝デーで一番の目的は、このパーツにヘイキ・コバライネンのサインを頂く事です。



前日から、サイン・ペンを理想の文字の太さに調整し直前まで何度も験しが書きをして準備万端にしていました。
AM7:00 からひたすら待つこと・・・・1時間半・・・・

そんななか・・・突然・・・コバライネンの登場 !


May I have your autograph and car number please !     #20 ・・・・・


サインと同時にカーナンバーもお願いしましたが・・・・サインしか出来ないよ !  と・・・・断れてしまいました。 汗

サインも理想よりかなり細字で小さめ また、ちょっと簡易的なような・・・・・   
この瞬間を何年も待っていたので・・・・・・ 涙


いやいや・・・失礼な事は言ってはダメですね 反省します。  汗
サインをして頂き有難うございました ! これからもスーパーGTを盛り上げてください応援します !







Heikki_Kovalainen_2012_Malaysia_FP1_20150831220706504_20170323125407525.jpg


     Caterham  CT01     Heikki   Kovalainen


011_20150820160306d40_20170323125352f02.jpg


    2012   Japanese  GP    Caterham   F1  Team   Pit Garage


DSCF2667_20170323125353cde.jpg


    Heikki   Kovalainen


DSCF2725.jpg


     Caterham  CT01   Front Wing End Plate


DSCF2729.jpg


     Heikki   Kovalainen    Autograph   signature






スポンサーサイト
Posted by F1 tomo  on 26.2017   0 comments   0 trackback

岡山国際サーキット ファン感 2

Category : SUPER GT
 今回、紹介するのは 岡山国際サーキット ファン感でサインを頂いたアイテムです。


ファン感の早朝は、ドライバーがめまぐるしく行きかうので瞬時での対応をしないと直ぐに見失ってしまいます・・・汗


そんななか・・・私にとって強力な仲間と知り合えたました。
名古屋からお父様と一緒に来られた、中学2年生になる彼のアドバイスのお陰でサインを頂けました。
ほんと・・・感謝します、有難うございました。






DSCF2648.jpg


     パドック・エリア


DSCF2670.jpg


      ピット・ガレージ


DSCF2735.jpg


    ARTA  #55 脇阪 寿一   レイナード01L・MF308  直筆サイン 


DSCF2723_201703231644385a8.jpg

     
脇阪 寿一監督に、レイナード01L・MF308 にサインとカー#をリクエストすると・・・・・
パーツを眺めながら・・・「俺が乗ったマシンなの? 」  と言って笑顔でサインをして頂きました。 ほんと優しい方ですね!


DSCF2742.jpg


   AT&Tウィリアムズ FW30     中嶋 一貴   直筆 サイン  






Posted by F1 tomo  on 23.2017   0 comments   0 trackback

岡山国際サーキット ファン感   1

Category : SUPER GT

 世間では、三連休でしたが 3月19日 (日) のみ休日でしたので・・・ 

岡山国際サーキットでファン感謝デーとSUPER GT 2017年公式テストに行って来ました。
地元なのに休日の関係で4年ぶりです。 トホホ


お恥ずかしいかな、国内レース ( SUPER GT 他 ) は余り詳しくは有りませんが・・・・
SUPER GT 公式ガイドブックならびに総集編などの本は開催年から全て揃えています。  笑


今回、LEXUS TEAM SARDから参戦中の 元F1ドライバー ヘイキ・コバライネン選手にお会いしたかったのです。
(後日、アップします・・汗)



久しぶりのサーキットは、ストレス解消になりますね・・・・笑






DSCF2690.jpg


     岡山国際サーキット    山間部の田舎に有りますので花粉症の私にとって厳しいです・・・汗


DSCF2664.jpg


    パドックエリア


DSCF2693.jpg


岡山国際サーキットの魅力の一つは、コースと観客エリアが異常に近いので迫力満点です。
フェンス越しに、観戦していると突然のクラッシュで外れた左前輪タイヤが目の前のフェンス直撃・・・ビックリしましたね・・・汗


DSCF2718.jpg


   ファン感謝デーは、気軽にドライバー・チーム監督のサインをして頂けます。


DSCF2717.jpg


  ドライバーのとても丁寧な対応に感激します・・・・国内レースに嵌りそうです。  笑








Posted by F1 tomo  on 20.2017   2 comments   0 trackback

SUPER GT 総集編

Category : SUPER GT
 前回ご紹介しました、岡山国際サーキットにSUPER GT公式テストを観戦してから、F1にない魅力を感じ興味が出てきました。

スーパーGTに出走するマシンは基本的に市販車をベースにレース用の改造を施した車が使われますので私達が普段目にする事が出来るクルマが主役なのです。
またパドックでは監督、ドライバーとの距離が近いので親しみやすいです。

もっとSUPER GTというカテゴリーを詳しく調べて見たく総集編を揃えました。
いつもながら、資料を揃えてから・・・取り組みます。(笑・・)



話変わって・・・
29日は娘の誕生日です、19歳になりました。今でも一緒に食事や買い物に行ける仲です。(笑・・・)
いつまで、一緒に行ってくれるのでしょうか?

リサちゃん・・おめでとう・・・




1_20130328153833.jpg


     2004 JGTC ~  2011 SUPER GT 総集編

スーパーGTとは、1994年にスタートした全日本GT選手権(JGTC)のあとを受け、2005年にスタートしたレースカテゴリー                  SUPER GTは、国内最大級の観客動員数を誇る人気レースです。



2_20130328105720.jpg


22日に東京都心の桜が満開になったと発表しました。平年より12日早く、統計を取り始めた以降、2番目の早さだそうです。
我家の桜は、やっと蕾みの状態から桜が開花しそうです。 ( 3月29日 現在)




Posted by F1 tomo  on 29.2013   0 comments   0 trackback

岡山国際サーキット  サイン編

Category : SUPER GT
 今回のメインは、持参したマシンパーツに本山選手、鈴木亜久里監督にサインをして頂く事です。

パドックにAM7:00頃に到着・・・すでにテンションが高いです(笑)

本山選手は、ピット前ですぐにお会いする事が出来、翼端板を手に取り興味深く見た後とても丁寧なサインを頂きました。                    (私の理想のサインです。 サインの大きさ、ペン先の太さ  笑 )

鈴木亜久里監督をAUTOBACS RACING TEAM AGURI ピット裏で約30分位ひたすら出待ちしていましたら、見兼ねたスタッフの女性がどうも監督に声を掛けて頂いたみたいで、監督から手招きされてピット内に呼ばれサインを頂きました。
思いが通じた見たいです 笑・・・


今回は、思った通りのサインを頂きとても有意義な一日でした。


今までは、F1を中心にレース観戦をしていましたが、スーパーGTは比較的、ファンとの距離が近く身近でとても興味深かったです、この機会にもっとスーパーGTの認識を高めようと思いました。




2_20130316220038.jpg

     
     NISMO ピット
 

CIMG5658.jpg


     MOTUL  AUTECH GT-R   NISSAN GT-R    VRH34B


44_20130316220109.jpg


 本山 哲(もとやま さとし、1971年3月4日 – )は、東京都出身のレーシングドライバー。
 フォーミュラニッポン FN06 7号車  翼端板  直筆サイン

1998年、2001年、2003年、2005年のフォーミュラ・ニッポンおよび、2003年、2004年、2008年の全日本GT選手権                     GT500クラスのチャンピオンである。ここ一番の爆発力と安定した堅実な走法を兼ね備え、精神的な逞しさもある日本を                                             代表するトップドライバーの一人。




DSCF1081.jpg


     AUTOBACS  RACING   TEAM AGURI   ピット


DSCF1082_20130319223516.jpg


     ARTA HSV-010   Honda HSV-010 GT   HR10EG


t1.jpg


    SUPER AGURI HONDA SA07       佐藤 琢磨

 Super Aguri SA07はスーパーアグリF1チームが2007年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カー。
 ピーター・マックールとベン・ウッドが設計した。


t2.jpg


     SUPER AGURI HONDA SA07     サイドウイング


22_20111103213608.jpg

   
     空力での形状はとても複雑な曲面デザインです。


84984.jpg


     鈴木 亜久里     直筆サイン


CIMG5758_20130319170713.jpg



CIMG5660.jpg


    OFFICIAL  CAR


CIMG5683.jpg


    サーキット内のミニカーショップ・・・・あぁぁ・・・あれも、これも、欲しいな~!!  





Posted by F1 tomo  on 20.2013   7 comments   0 trackback
 HOME 

プロフィール

F1 tomo 

Author:F1 tomo 
コレクションしたF1パーツ・ミニカー・ラジコンボート・日本GP・身近な観光情報を紹介したいと思います!

アクセスカウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR