• MY Room                
    F1 PARTS & MINI・CAR COLLECION                                                
  • Ferrari F10
    フェルナンド・アロンソ                                     エンジン名 フェラーリTipo056                                     気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                 排気量 2,398cc                                                       最高回転数 18,000rpm                                                         シリンダーブロック アルミニウム製                                                                  バルブ数 32                                                                       ピストンボア 98mm                                                                             重量 95kg                                        スパークプラグ NGK[16][17]                                     燃料 シェルULG-66L/2                                                       潤滑油 シェル                   
  • McLaren MP4-25
    ジェンソン・バトン                      エンジン名 メルセデス・ベンツFO108X               気筒数・角度 V型8気筒・90度                排気量 2,400cc                          最高回転数 18,000rpm                                     バルブ数 32                                         ピストンボア 98mm                                                   重量 95kg
  • Red Bull RB6
    マーク・ウェバー                       エンジン名 ルノーRS27-2010                                   気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                        排気量 2,400cc                                                             最高回転数 18,000rpm                                                            シリンダーブロック アルミニウム鋳造製                                                             バルブ数 32                                                                   重量 95kg                                                                        潤滑油 トタル                                                                              エンジンマネージメント FIA(MES製)                     標準コントロールユニットTAG310B
  • Scuderia Toro Rosso
    2006 日本GP                                             ピットウオールスタンド                       チーム代表者  フランツ・トスト                            テクニカルディレクター  ジェームス・キー                                     ドライバー                                                   20. ヴィタントニオ・リウッツィ                                                                                                                                                                                21. スコット・スピード 
  •                       
  • McLaren MP4-21
    2006 日本GP ピットガレージ              デザイナー エイドリアン・ニューウェイ                               ホイール Enkei                                    エンジン Mercedes-Benz FO108S                                                 気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                          排気量 2,400cc                                                                燃料・潤滑油 モービル
  • Sauber C31
    2012 日本GP ピットガレージ                                小林 可夢偉                                           エンジン フェラーリ 056                                                        排気量 2,398 cc                               型式 自然吸気 V8エンジン                                             バンク角 90°                                                  エンジンブロック 砂型鋳造アルミニウム製                                                      ボア径 98 mm                                                      バルブ数 32                                                     バルブ駆動 ニューマチック                            

日本GP 鈴鹿サーキット 4

Category :  日本GP 2017

  今回、紹介するのは Scuderia Ferrari ピット・ガレージ です。


パドック・クラブ でしか見ることの出来ないエリア 

真下に見る Ferrari  SF70H は迫力満点です・・・しばし撮影を忘れて見とれていました・・・汗
F1マシンは、まさに芸術作品ですね !


また、パドック・クラブ ピット・ウォークもギャラリーが少ないので好きなアングルで撮影が出来ました。


名門 フェラーリの存在感は別格です。




今回も、画像が多いですが フェラーリ・ピットガレージ の素晴らしさを感じて頂ければ幸いです。




IMG_6545_20171018192632aa4.jpg


     Ferrari  SF70H    Kimi ・ Räikkönen
 

IMG_6541.jpg





IMG_6547_20171018192634347.jpg





IMG_6542_20171018192632eae.jpg


      Ferrari  SF70H    Kimi ・ Räikkönen


IMG_6567.jpg


      Scuderia  Ferrari     Signature ・ Railroad  overpass


IMG_6471.jpg


       Kimi ・ Räikkönen    Pit garage


IMG_6475.jpg


       Ferrari  SF70H


IMG_6484.jpg


      Sebastian   Vettel      Pit  garage


IMG_6468.jpg


      Ferrari  SF70H


IMG_6474.jpg


      Pit  garage


IMG_6478.jpg


      Pit  garage


IMG_6482.jpg


      Ferrari  SF70H    body Cowl







スポンサーサイト
Posted by F1 tomo  on 18.2017   0 comments   0 trackback

日本GP 鈴鹿サーキット 3

Category :  日本GP 2017
 今回、紹介するのは F1 パドック・クラブです。


縁あって、パドック・クラブに行って来ました。
以前からとても興味が有りましたが、なにぶん高額なので私には無縁のエリアでした・・・・汗


パドック・クラブ内では、F1ドライバーのトーク・ショーを初め豪華景品の当たる抽選会、多くのイベントがあります。
お食事・お酒・デザートは全ておかわり自由です・・・

終了時には、お土産まで頂けました。 私にとっては夢のような世界でした・・・笑




画像が、多いですが雰囲気だけでも感じて頂ければ幸いです。




IMG_6530.jpg


     FORMULA ONE  PADDOCK CLUB


20171012_100534.jpg


      CLUB  LOUNGE


20171012_100430_2017101418312189f.jpg


      iQOS  PADDOCK CLUB


IMG_6446.jpg


      PADDOCK CLUB  Floor


20171012_100906.jpg


      PADDOCK CLUB  Lounge


20171012_101128.jpg


      Lunch 


20171012_100852.jpg


      PADDOCK CLUB  Lounge


20171012_100623.jpg


       


IMG_6432.jpg


      Marc   Gené  Guerrero   Talk show


20171012_100838.jpg


     Stand from  a  paddock club


20171012_100935.jpg


     PADDOCK CLUB  Floor


IMG_6512.jpg


     HOSUPITARI area      Kimi ・ Räikkönen








Posted by F1 tomo  on 14.2017   0 comments   0 trackback

日本GP 鈴鹿サーキット 2

Category :  日本GP 2017

  F1 ドライバーにサインを頂くことは、ファンにとっては至福の時ですね。

ただし、ドライバーにサインを直接頂くことは、本来難しいことなのです・・・・とくにF1 ドライバーは・・・・・


そこで、可能性としてドライバーのサインを直接頂ける方法は・・・・・

10月5日 (木)  F1 ピット・ウォーク に参加することで 「 F1 ドライバーズサイン会 」 が抽選で当たるのです !
ただ、当選確立はかなり厳しいですね!


当選発表会は、13 : 00 から 14 : 00 に行なわれます。
参加者は、スタンドで当選番号をステージ・ビジョンを固唾を吞んで見ています、ドキドキの瞬間です。




はたして、今年の結果は・・・・・




DSCF3305.jpg


    ドキドキの中・・・ドライバーサイン会の当選番号発表です !


DSCF3312.jpg


    私の番号は 038 なんとか・・・ドキドキの通過  汗 


DSCF3323.jpg

  
    私が当選した選手は、 フォース・インディア  エステバン・オコン選手 です。
    ドライバーズサイン会は、抽選で当選しても好きなドライバーを選択することが出来ないのです !
    どの、ドライバーになるのか運なのでドギドキ感のなか歓喜とため息が聞こえてきます・・・笑


CIMG8241.jpg


     フォース・インディア  エステバン・オコン 選手 左   


CIMG8243.jpg


      ハース   ロマン・グロージャン 選手 右    朝食時にホテルでサインを頂きました。 


CIMG8236.jpg


      フォース・インディア  エステバン・オコン 選手   直筆サイン ドライバーズ カード





Posted by F1 tomo  on 12.2017   0 comments   0 trackback

日本GP 鈴鹿サーキット 1

Category :  日本GP 2017
 2017 日本GP 鈴鹿サーキットに観戦して来ました。  ちょっとネタが遅いですね・・・汗


鈴鹿サーキット近郊にある某ホテルに宿泊していますが、例年、このホテルは多くのフェラーリ・クルーも滞在しています。 
早朝のレストラン ・ ロビーは、まるでフェラーリのパドックです・・・笑


フェラーリ・クルーは、数台のミニバンに乗り合わせて鈴鹿サーキットに向いますが・・・・・
今年は、見たことの無いスーパーカーが駐車場に有ります。 
多分・・・フェラーリ GTC4ルッソ 間違ってたらゴメンナサイ



そこに現れたのは、チーム代表 マウリツィオ・アリバベーネ では有りませんか・・・・


乗り合わせをすることなく・・・・一人で出勤です・・・流石・・・・



これから、当分・・日本GPネタが続きます・・・汗






DSCF3331.jpg



DSCF3332.jpg







Posted by F1 tomo  on 08.2017   0 comments   0 trackback

日本GP 鈴鹿サーキット 3   Front  Wing

Category :  日本GP 2015

  今回、ご紹介するのはノーズ・コーン、フロント・ウイングです。

私は、F1マンンの中でももっとも好きなパーツの部分です。今回、ピット・ガレージで一番興味深く拝見しました。



フロントウイング は、走行中の前方から受ける風によって,ダウンフォースを生み出すためのもっとも重要な空力パーツです。

ウイングレットに当たった空気流の剥離を防止して、前方からの空気の流れをできるだけ速いスピードを保ったまま後方へ流す役割を果たしています。


年々、空力の分析が進んでウイング効率が向上したことでダウンフォースを得ることが出来る魅力的なパーツです。



次回は、実使用のフロント ウイングエンドプレートを紹介します。




IMG_4557.jpg


    Ferrari SF15-T    Front  nose


IMG_4534.jpg


     Ferrari SF15-T    Front  Wing


IMG_4452_20151011060305022.jpg


    Toro Rosso  STR10    Front nose


IMG_4466.jpg


    Toro Rosso  STR10   Front  Wing


IMG_4426.jpg


    Marussia  MR03B     Front nose


IMG_4414.jpg


    Marussia MR03B     Front  Wing


IMG_4501.jpg


    McLaren MP4-30     Front nose


IMG_4489.jpg


    McLaren MP4-30     Front   Wing


IMG_4432_2015101106030330a.jpg


    Lotus  E23 Hybrid     Front nose


IMG_4429.jpg


    Lotus E23 Hybrid   Front  Wing


IMG_4390.jpg


    Sauber C34     Front  nose


IMG_4397.jpg


    Sauber C34     Front   Wing







Posted by F1 tomo  on 11.2015   2 comments   0 trackback
 HOME 

プロフィール

F1 tomo 

Author:F1 tomo 
コレクションしたF1パーツ・ミニカー・ラジコンボート・日本GP・身近な観光情報を紹介したいと思います!

アクセスカウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR