• MY Room                
    F1 PARTS & MINI・CAR COLLECION                                                
  • Ferrari F10
    フェルナンド・アロンソ                                     エンジン名 フェラーリTipo056                                     気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                 排気量 2,398cc                                                       最高回転数 18,000rpm                                                         シリンダーブロック アルミニウム製                                                                  バルブ数 32                                                                       ピストンボア 98mm                                                                             重量 95kg                                        スパークプラグ NGK[16][17]                                     燃料 シェルULG-66L/2                                                       潤滑油 シェル                   
  • McLaren MP4-25
    ジェンソン・バトン                      エンジン名 メルセデス・ベンツFO108X               気筒数・角度 V型8気筒・90度                排気量 2,400cc                          最高回転数 18,000rpm                                     バルブ数 32                                         ピストンボア 98mm                                                   重量 95kg
  • Red Bull RB6
    マーク・ウェバー                       エンジン名 ルノーRS27-2010                                   気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                        排気量 2,400cc                                                             最高回転数 18,000rpm                                                            シリンダーブロック アルミニウム鋳造製                                                             バルブ数 32                                                                   重量 95kg                                                                        潤滑油 トタル                                                                              エンジンマネージメント FIA(MES製)                     標準コントロールユニットTAG310B
  • Scuderia Toro Rosso
    2006 日本GP                                             ピットウオールスタンド                       チーム代表者  フランツ・トスト                            テクニカルディレクター  ジェームス・キー                                     ドライバー                                                   20. ヴィタントニオ・リウッツィ                                                                                                                                                                                21. スコット・スピード 
  •                       
  • McLaren MP4-21
    2006 日本GP ピットガレージ              デザイナー エイドリアン・ニューウェイ                               ホイール Enkei                                    エンジン Mercedes-Benz FO108S                                                 気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                          排気量 2,400cc                                                                燃料・潤滑油 モービル
  • Sauber C31
    2012 日本GP ピットガレージ                                小林 可夢偉                                           エンジン フェラーリ 056                                                        排気量 2,398 cc                               型式 自然吸気 V8エンジン                                             バンク角 90°                                                  エンジンブロック 砂型鋳造アルミニウム製                                                      ボア径 98 mm                                                      バルブ数 32                                                     バルブ駆動 ニューマチック                            

Scuderia Toro Rosso

Category :  日本GP 2002~
 今回、ご紹介するのはスクデリーア・トロ・ロッソです。

スクデリーア・トロ・ロッソ (Scuderia Toro Rosso)は、2006年からF1に参戦しているレーシングコンストラクター。                                      本拠地はイタリアのファエンツァ。

トロ・ロッソ の名前がイタリア語で「レッドブル」となる事から、レッドブル・レーシングのセカンドチームです。
やはり、レッドブル・レーシングとロゴの関係でカラーリーリングが似ていますよね!!


2006 日本GPのピットロードです、関係者に同行しましたがとても緊張して最初は足が震えました。汗・・

全ての団体スポーツの頂点に位置する、F1は私にとって魅力的なカテゴリーです。(笑)
少しでも、皆様がF1に興味を持って頂くようなブログを更新したいと思います。



トロロッソFH020010


  2006 日本GP トロロッソ ピットウォールスタンド

 [ ピットウォールスタンド ]
ピットガレージとは別に設営されるレース中の「司令基地」。各種情報モニターや通信機器が設置されており、チームの                      監督やレース・ディレクターなどは、この場所に陣取り指揮を執っています。

  [ ピットロード ]
本コースからピットエリアへの侵入、もしくはピットエリアから本コースへ合流するための連絡路。減速を促すため幅員が                                  狭く、シケインやクランクが設置されている場合 


FH000033.jpg


 Scuderia Toro Rosso STR1 

フロントウイング (Front Wing)
車体前方と後方につけられている翼。前の翼をフロントウィング、後ろの翼をリアウィングという。ウィングの上下を通過                                      する空気のスピード差を利用してダウンフォースを生み出す装置


無題6516516


ディフューザー (Diffuser) 「黄枠」
車体下面後方の上側に跳ね上がる構造のこと。これによって,路面に吸いつく力(=ダウンフォース)を得ることができる。                                             リアウイングと密接に関係している。


FH030003.jpg


翼端板 (end plate) 
ウィング横端に設置された垂直の板のこと。翼端板を置くことによってウィングの端のダウンフォース発生の効率が落ちる                                    のを防ぐ。近年のフロントウィングの翼端板は垂直だけではなくさまざまな形を組み合わせている。



FH000032.jpg


ノーズコーン (Nose Cone)
フロントウイングを支える部分。フロントウイングがダメージを負ったとき,この部分ごと取り外して交換する。空気力学的                                  にも非常に重要で,ノーズの高さ,幅などが車によって大きく異ななります。


22_20130126140640.jpg


ヴィタントニオ・リウッツィ(Vitantonio Liuzzi, 1981年8月6日 - )はイタリア人のF1ドライバー。

ミニチャンプス製 1/43 2007 Scuderia Toro Rosso  STR2 ヴィタントニオ・リウッツィ  直筆サイン





スポンサーサイト
Posted by F1 tomo  on 27.2013   6 comments   0 trackback

フォトグラファー 熱田 護

Category :  日本GP 2002~
 今回は、モータースポーツに人生を掛けたカッコイイ大人 フォトグラファー 熱田護氏を
紹介したいと思います。

1963年生まれ、三重県鈴鹿市出身。東京工芸大学短期短期大学部写真技術科卒業。
坪内隆直氏に師事し、2輪世界GPを転戦。1992年よりフリーランスとしてF1をはじめとする
モータースポーツや市販車の撮影を行っています。
熱田護、松本浩明、小林直樹。日本を代表する4人のモータースポーツ・ フォトグラファーです。

熱田氏が見せてくれた写真は、いつもの報道写真とはまったく違う、まさに芸術写真です。
F1観戦は、心に残るシーンですが写真集は形として残る媒体として大切なアイテムです。

2009 日本グランプリでのイベント終了後、サインをお願いすると、とても気さくに丁寧にサイン
を書いて頂きました、握手とサインに日付もリクエストすると笑っていました。
今でも、鮮明に記憶にあります・・・・


 ※ 日本GP開催まで・・・・後17日・・・・ドキドキ・・・してきました(笑)


CIMG4400.jpg

     Turn in Grasp the fundamentals of Formula 1    熱田護 F1 写真集

CIMG4404.jpg


CIMG4405.jpg


CIMG4407.jpg


CIMG4409.jpg


CIMG4406.jpg


CIMG4414.jpg

    2009 10.3   日本GP    鈴鹿サーキット




Posted by F1 tomo  on 18.2012   3 comments   0 trackback

2006 日本GP

Category :  日本GP 2002~
私が、F1観戦でもっとも感動したのが、2006年日本GPでした。

1987年の初開催から20年目の節目となった鈴鹿サーキットでのF1日本GP
翌2007年は富士スピードウェイでの日本GP開催が決定し、20年目の2006年でひとまず F1は鈴鹿を去ることが       決まっていました。
7度の世界タイトルを獲得したミハエル・シューマッハが引退を表明し皇帝の日本ラストラン。                    鈴鹿でのラスト開催、さらにはスーパアグリF1チームの存在もあり、、鈴鹿には多くのファンが詰めかけました。           その数は、3日間の動員数は36万1000人を記録、日本のF1ブーム絶頂期で期間中の過去最多となりました。

ファンの多さに圧倒され、身動きが取れにくい状態でしたがとても思い出深いGPです。

 改めて、2006年日本GPの魅力を伝えたくて4分42秒にまとめてみました。
この画像は、私・先輩・知り合いのオリジナル画像です、(鈴鹿サーキット空撮画像は借用しました)
レースでの画像より、コックピット内でのパーツ ノーズコーン (マシンの先頭部分) を主体に構成してみました。

素人編集のため、どれだけF1マシンの美しさを伝える事が出来るのか不安ですが、この画像を見て頂き少しでも、       F1に興味を持って頂けたらとても嬉しいです!!
      


[高画質で再生]

2006  F1 GP SUZUKA [ショッピング]
Posted by F1 tomo  on 13.2012   4 comments   0 trackback

2006 日本GP キミ・ライコネン

Category :  日本GP 2002~
 私が保管している画像を整理していると2006年の日本GPの画像が出てきました。
2006年 日本GPは、私にとって色々と思い出に残るレースです。


 鈴木亜久里が設立したスーパーアグリがこの年の開幕戦から参戦。
日本人の元F1ドライバーが設立したチームがF1に参戦することは初めてであり、車体を構成する主要部分である        エンジン、タイヤともに日本の企業の物を使う日本国籍のF1チームというのは、この年のトヨタとともにスーパーアグリ     が史上初でした。

また、ミハエル・シューマッハの引退と激動のシーズンでした。



 そんなパドック内で、「アイスマン」ことキミ・ライコネンがドライブするマクラーレン MP4-21はとても美しく印象に       残りました、そのキミ・ライコネンも今期 ロータスでF1復帰を果たし期待通りのすばらしいレースを展開しています。



1_20120425205840.jpg

  マクラーレン MP4-21 スペア・フロントノーズ  (日本GP パドック内)


2_20120425205848.jpg

  余りにも美し過ぎてパドックで固まってしまいました(汗・・) 芸術品ですね!


7_20120425205937.jpg

  アングルよってボディカラーがとても美しいです。


8_20120425205946.jpg

   マクラーレン MP4-21 フロントノーズ


4_20120425205913.jpg

   キミ・ライコネン ペドロ・デ・ラ・ロサと鈴鹿サーキットコース内を徒歩で確認中

   (2012年 ペドロ・デ・ラ・ロサ  HRT F1復帰)
    私の大好きなドライバーの一人です。

5_20120425205921.jpg

  キミ・マティアス・ライコネン(Kimi-Matias Räikkönen, 1979年10月17日 - )は、フィンランド・エスポー出身の            レーシングドライバー。2007年のF1ワールドチャンピオン。ニックネームは「アイスマン」。

  (パドック・エリア内にて  噂どおり笑顔を見せなかったです・・ね)

 
12_20120425205956.jpg

 マクラーレンMP4-21 (McLaren MP4-21) はマクラーレンが2006年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カー          テクニカル・ディレクターはエイドリアン・ニューウェイ、デザイナーはマイク・コフラン。ニューウェイがマクラーレン          在籍時に手掛けた最後のマシンである。


13_20120425210006.jpg

  パナソニック・トヨタ・レーシング TF106 ヤルノ・トゥルーリとバトル


14_20120425210040.jpg

  マクラーレン MP4-21 私の好きなアングル

  (上記3枚は、知り合いの撮影画像です)





Posted by F1 tomo  on 25.2012   7 comments   1 trackback

2010 日本GP パドック

Category :  日本GP 2002~
 2010 日本GP 鈴鹿サーキット パドック・エリアです。
私にとってパドックは憧れであり気持ちの昂ぶる所です。
非日常的で、憧れのドライバーが行き来する光景は私にとって夢のような時を与えてくれます。

本来であれば、パドックを行き来するドライバーを撮りたいのですが・・・・・
ドライバーにサインをして頂くため必死になっていますので撮る余裕がありません (汗・・・)
私は、いつも4本のサインペン(シルバー・ブラックの太字用・細字用)を使い分けドラバーを見かけると
紳士的?にサインをお願いします (笑・・・)

パドックに居られるファンは決して走らないのです!
やはり全てが非日常的??

  1_20110418232159.jpg
    パドック・パス
  2_20110418232205.jpg
    スクーデリア・フェラーリ
  3_20110418232212.jpg
    レッド・プルレーシング
  4.jpg
    マクラーレン・メルセデス
  5.jpg
    トロ・ロッソ
  6.jpg
    ロータス
  7.jpg
    パドック・エリア




Posted by F1 tomo  on 19.2011   2 comments   0 trackback
 HOME 

プロフィール

F1 tomo 

Author:F1 tomo 
コレクションしたF1パーツ・ミニカー・ラジコンボート・日本GP・身近な観光情報を紹介したいと思います!

アクセスカウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR