• MY Room                
    F1 PARTS & MINI・CAR COLLECION                                                
  • Ferrari F10
    フェルナンド・アロンソ                                     エンジン名 フェラーリTipo056                                     気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                 排気量 2,398cc                                                       最高回転数 18,000rpm                                                         シリンダーブロック アルミニウム製                                                                  バルブ数 32                                                                       ピストンボア 98mm                                                                             重量 95kg                                        スパークプラグ NGK[16][17]                                     燃料 シェルULG-66L/2                                                       潤滑油 シェル                   
  • McLaren MP4-25
    ジェンソン・バトン                      エンジン名 メルセデス・ベンツFO108X               気筒数・角度 V型8気筒・90度                排気量 2,400cc                          最高回転数 18,000rpm                                     バルブ数 32                                         ピストンボア 98mm                                                   重量 95kg
  • Red Bull RB6
    マーク・ウェバー                       エンジン名 ルノーRS27-2010                                   気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                        排気量 2,400cc                                                             最高回転数 18,000rpm                                                            シリンダーブロック アルミニウム鋳造製                                                             バルブ数 32                                                                   重量 95kg                                                                        潤滑油 トタル                                                                              エンジンマネージメント FIA(MES製)                     標準コントロールユニットTAG310B
  • Scuderia Toro Rosso
    2006 日本GP                                             ピットウオールスタンド                       チーム代表者  フランツ・トスト                            テクニカルディレクター  ジェームス・キー                                     ドライバー                                                   20. ヴィタントニオ・リウッツィ                                                                                                                                                                                21. スコット・スピード 
  •                       
  • McLaren MP4-21
    2006 日本GP ピットガレージ              デザイナー エイドリアン・ニューウェイ                               ホイール Enkei                                    エンジン Mercedes-Benz FO108S                                                 気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                          排気量 2,400cc                                                                燃料・潤滑油 モービル
  • Sauber C31
    2012 日本GP ピットガレージ                                小林 可夢偉                                           エンジン フェラーリ 056                                                        排気量 2,398 cc                               型式 自然吸気 V8エンジン                                             バンク角 90°                                                  エンジンブロック 砂型鋳造アルミニウム製                                                      ボア径 98 mm                                                      バルブ数 32                                                     バルブ駆動 ニューマチック                            

日本GP 鈴鹿サーキット 9 最終編

Category :  日本GP 2012
 日本GPネタが9回目になりました (汗・・)

日本GPは、小林可夢偉選手の表彰台、シューマッハ、鈴鹿ラストレースと凄く盛り上がった素晴らしいGPでした。

今回は、レース以外の場面、ピット・ウオーク、限定ミニカー販売、パドック・エリア、パドック・クラブ、ピットガレージ、         展示ブース等のマニアックな場所を紹介させて頂きました。
ご期待に添えたか分りませんが、細かく紹介させて頂きましたので長くなりました(反省・・)

F1は、モータースポーツの最高峰です。
もしも、機会があればレース場に訪れ生のサウンドを聞いて頂ければ虜になると思います。(笑)


ほんの・・少しでもF1に対して興味をもって頂けたら、私にとってこれほど嬉しいことはありません。



DSCF0241.jpg

    GPエントランス  (私の鈴鹿サーキットに対しての思い・・・・雲ひとつないスカイ・ブルー)

DSCF0151.jpg

    金曜日 午前中 (フリー走行でも多くのファンが来られています。  嬉しいですね!!)

DSCF0252.jpg

    ジャン・アレジ トークショー (レース以外にも、いろんなイベントが有ります)

DSCF0226.jpg


    スクエア ライブ (リハーサル中) 鈴鹿サーキット内でのスクエアのライブは最高に感動しました。

DSCF0237.jpg
 
 
   毎年、日本GPの思い出にサーキット内にある大観覧車ジュピーターを撮影しています。
   2012年の思い出のカットです。
   
   F1をこれからも・・・・応援していきます・・・・
   



スポンサーサイト
Posted by F1 tomo  on 24.2012   13 comments   0 trackback

日本GP 鈴鹿サーキット 8  F1マシン編

Category :  日本GP 2012
 日本GP開催時には、レース以外にもいろんな展示ブース・イベントが有ります。
今回、ご紹介するのはグランプリエリア内に 「鈴鹿を駆け抜けたF1マシン展」 がありました。
この、ブースにはF1ファンには思い出深いマシンが7台が展示されています。

その中から、マクラーレン・ホンダMP4/4 ・ ホンダRA300の2台をアップしてみました。
各車、私にとっても思い出深い素晴らしいマシンですが、やはりこの2台は欠かせないと思いました。

画像撮影時は、木曜日なのでファンの方も少なく時間を掛けて拝見出来ましたが、それ以降は多くののファンが
詰めかけて撮影する事すら難しい状態でした。


 ps 日本GPからもう何日も経過しましたが・・・もう少しお付き合い下さい(笑)


CIMG4643.jpg


CIMG4621.jpg


CIMG4593.jpg

    マクラーレン ホンダ MP4/4

   CIMG4618.jpg   CIMG4617.jpg   CIMG4615.jpg   CIMG4614.jpg

   CIMG4610.jpg   CIMG4611.jpg   CIMG4612.jpg   CIMG4613.jpg



CIMG4637.jpg


   CIMG4606.jpg    CIMG4605.jpg    CIMG4601.jpg   CIMG4599.jpg


CIMG4634.jpg

    HONDA RA 300

   CIMG4597.jpg    CIMG4596.jpg   CIMG4636.jpg    CIMG4595.jpg





Posted by F1 tomo  on 22.2012   11 comments   0 trackback

日本GP 鈴鹿サーキット 7 バイク編

Category :  日本GP 2012
 日本GPに関する記事が続いていましたので、少し息抜き企画 (笑)

私の大好きなブログ仲間にはバイクをこよなく愛する方が多く、鈴鹿サーキット内でバイクに関わるネタを探してきました。   今回ご紹介するのは、「レーシング シアター」です。
エンテランスホールでは、レースで活躍したバイクがとてもセンス良く展示されています。

入口付近には、「情熱の縮図」 のタイトル通り8耐レースに参戦したバイクモデルの展示もあります。
私のブロ友の、バイカーryou904さんは、素晴らしいバイクモデルを製作されて、実車と見間違えるほどのクオリティが高い   作品を作られています。

また、F1マシン1/43製作では、エヌエフさん・・・もう凄いの一言 「巧」 の業を是非、訪問して見てください!!
感激する事間違いなしです。
それと・・・バリバリのドラゴンズ・ファンです (笑)


DSCF0240.jpg


CIMG4662.jpg

  CIMG4663.jpg    CIMG4665.jpg

   エンテランスホール

CIMG4666_20121017090717.jpg

  8耐選手権 参戦のバイクモデル

CIMG4668.jpg   CIMG4674.jpg    CIMG4669.jpg    CIMG4667.jpg    CIMG4673.jpg




Posted by F1 tomo  on 21.2012   4 comments   0 trackback

日本GP 鈴鹿サーキット 6  セーフティカー編

Category :  日本GP 2012
 今回、ご紹介するのはF1セーフティカーです。

ピットガレージにて、メルセデスベンツ SLS AMG、F1セーフティカーを目の前で見る事が出来ました。
このSLS AMG GTが、シンガポールGP以降、新たなF1セーフティカーを務める最新型です。

何時もは、セーフティカーはガレージ内に待機している状態で公開はされないのですが・・・・
ピットまで出して公開してくれました、F1マシンを見るより、皆さんの表情は真剣モード

この後、走行を拝見させて頂きました、もう異次元、驚きの一言・・・・速い!!



DSCF0330.jpg

    メルセデスベンツ SLS AMG、F1 セーフティカー

DSCF0331.jpg

 セーフティカーとは、モータースポーツにおいて、マシンがコース上でクラッシュし、路面に脱落したパーツや          その破片が散乱、またはマシン本体がコース上に止まっている場合、散乱したパーツによる損傷や二次クラッシュを        防ぐ目的でレースを先導する車のことです。

DSCF0332.jpg

    フロントは、迫力満点、カッコいいですね!!

DSCF0333.jpg

    運転席は、窮屈そうです。

DSCF0334.jpg

   走行のため、ピットレーンに激走・・周りのファンから・・・・・おぉぉ~凄い!!    後は沈黙・・・・・

DSCF0329.jpg

    メルセデスベンツ AMG、F1 メディカルカー





Posted by F1 tomo  on 19.2012   10 comments   0 trackback

日本GP 鈴鹿サーキット 5  ピットガレージ編

Category :  日本GP 2012
 今回、ご紹介するのはF1チーム・ピットガレージです。
以前からピットガレージは、マシン整備がまじかで見られる憧れのエリアでとても興味深かったです。
7日(日)正午頃のピットガージの風景です、決勝を控えたこの時間帯でもチームは穏やかな状態でした。

ピットガレージでは、やはりスクーデリア・フェラーリ、レッドブル・レーシングが人気がありました。
キミ・ライコネンの影響か? ロータスF1チームにも多くのファンがおられました。
ライコネン使用の、ステアリングを手に取る事が出来とても貴重な経験でした。

やはり、印象的だったのはどのF1マシンも芸術作品に思えてなりませんでした。


f1_20121015132219.jpg

     スクーデリア・フェラーリ        フェラーリ  /  F2012
                                   5 F.アロン   6 F.マッサ

     f2      f3      f4          

     f5      f6      f7

     
ピットウォールスタンドは、各種情報モニターや通信機器が設置された司令基地、緊張感漂う所です (左上)                  ピット前の、ストップラインに10cm単位のマークが書かれていました。(中下)
フェラーリのロゴは、センス良く大好きなデザインです。(右下) 


れ1

    レッドブル・レーシング        ルノー  /  RB8
                                 1 S.ベッテル    2 M.ウェバー

     れ2      れ3      れ4

流石に、トップチーム 雰囲気が他チームと違うオーラを感じました。


ま1

    ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス      メルセデス・ベンツ  /  MP4-27
                                              3 L.ハミルトン   4 J.バトン

     ま3      ま2      ま4


め1

    メルセデスAMG ペトロナスF1      メルセデス・ベンツ  /  W03
                                         7 M.シューマ   8 N.ロズベルグ

      め2      め3      め4

ピットウォールスタンドでの、各種情報モニター画面は各チームごとに異なり凄いです。
フロントウイングは複雑な空力デザインで、かなりの時間を掛けて調整・クリーニングをされていました。(左)


ろ1

     ロータス F1チーム       ルノー  /  E20
                              9 K.ライコネン    10 R.グロジャン

      ろ2      ろ3      ろ4

チームスタッフから渡されたライコネン使用のステアリング・・・とても繊細です。 (画像の手は、私では有りません)
ステアリングだけでも、5万ドル(約4.000万との事です・・(汗・・)
      

ふぉ1

    サハラ・フォース・インディア F1チーム      メルセデス・ベンツ  /  VJM05
                                          11 P.ディ・レスタ   12 N.ヒュルケンベルグ 


      ふぉ2      ふぉ3      ふぉ4

チームロゴにはインド国旗色であるオレンジ・ホワイト・グリーンが採用されとても綺麗です。


ざ1

     ザウバー F1チーム        フェラーリ  /  C31
                                 14 小林可夢偉   15 S.ペレス

      ざ2      ざ3      ざ4

      ざ5      ざ6       ざ7

何度見ても、ノーズコーン美しくないですね・・笑 (中上)
モニシャ・カルテンボーン ザウバー・F1 チーム代表 (右下)
この時には、可夢偉の表彰台での歓喜・・・その後の来季シート喪失報道・・想像も出来ませんでした。


と1

     スクーデリア・トロ・ロッソ      フェラーリ  /  STR7
                                  16 D.リチャルド    17 J.E.ベルニュ

     と2      と3       と4



う1

     ウイリアムズ       ルノー  /  FW34
                          18 P.マルドナード    19 ブルーノ・セナ

      う2      う3      う4



け1

    チーム ケータハム      ルノー  /  CT01
                          20 ヘイキ・コバライネン   21 ビタリー・ペトロフ

      け2      け3      け4



h1

   HRT F1チーム      コスワース  /  F112
                              22 P.デ・ラ・ロサ   23 N.カーティケヤン

      h2_20121015140932.jpg      h3      h4.jpg



z1

    マルシャ F1チーム      コスワース  /  MR01
                              24 T.グロック   25 C.ピック

      z2      z3      z4.jpg



CIMG1000_20121017063131.jpg

ピットガレージ内に、タイヤが無いみたいですが? と質問がありましたので追加画像です。
この画像は、昨年のレッドブルのパドックエリアです、整理整頓されて保管されています。
各チームも同じように保管されています。




Posted by F1 tomo  on 16.2012   14 comments   0 trackback
 HOME 

プロフィール

F1 tomo 

Author:F1 tomo 
コレクションしたF1パーツ・ミニカー・ラジコンボート・日本GP・身近な観光情報を紹介したいと思います!

アクセスカウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR