• MY Room                
    F1 PARTS & MINI・CAR COLLECION                                                
  • Ferrari F10
    フェルナンド・アロンソ                                     エンジン名 フェラーリTipo056                                     気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                 排気量 2,398cc                                                       最高回転数 18,000rpm                                                         シリンダーブロック アルミニウム製                                                                  バルブ数 32                                                                       ピストンボア 98mm                                                                             重量 95kg                                        スパークプラグ NGK[16][17]                                     燃料 シェルULG-66L/2                                                       潤滑油 シェル                   
  • McLaren MP4-25
    ジェンソン・バトン                      エンジン名 メルセデス・ベンツFO108X               気筒数・角度 V型8気筒・90度                排気量 2,400cc                          最高回転数 18,000rpm                                     バルブ数 32                                         ピストンボア 98mm                                                   重量 95kg
  • Red Bull RB6
    マーク・ウェバー                       エンジン名 ルノーRS27-2010                                   気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                        排気量 2,400cc                                                             最高回転数 18,000rpm                                                            シリンダーブロック アルミニウム鋳造製                                                             バルブ数 32                                                                   重量 95kg                                                                        潤滑油 トタル                                                                              エンジンマネージメント FIA(MES製)                     標準コントロールユニットTAG310B
  • Scuderia Toro Rosso
    2006 日本GP                                             ピットウオールスタンド                       チーム代表者  フランツ・トスト                            テクニカルディレクター  ジェームス・キー                                     ドライバー                                                   20. ヴィタントニオ・リウッツィ                                                                                                                                                                                21. スコット・スピード 
  •                       
  • McLaren MP4-21
    2006 日本GP ピットガレージ              デザイナー エイドリアン・ニューウェイ                               ホイール Enkei                                    エンジン Mercedes-Benz FO108S                                                 気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                          排気量 2,400cc                                                                燃料・潤滑油 モービル
  • Sauber C31
    2012 日本GP ピットガレージ                                小林 可夢偉                                           エンジン フェラーリ 056                                                        排気量 2,398 cc                               型式 自然吸気 V8エンジン                                             バンク角 90°                                                  エンジンブロック 砂型鋳造アルミニウム製                                                      ボア径 98 mm                                                      バルブ数 32                                                     バルブ駆動 ニューマチック                            

アラン・ジョーンズ

Category :  日本GP 2011
 2011 F1 世界選手権も終わり・・穏やかな日々を過ごしています。

2年連続でF1を制し、史上最年少での連覇を果たしたベッテルも史上最高を誇るシューマッハの記録に匹敵するには、    あと5回の選手権と70戦を制さなければならない。
今のベッテルならこの偉業を達成しそうな勢いですね。

未だに日本GPの余韻が抜けず、画像を整理していると・・・2枚目の画像にアラン・ジョーンズが写ってました。
情けないかな、その時は全く アラン・ジョーンズとは気が付きませんでした。(汗・・・)
画像にも写っているように、ファンがサインを求めていますが、その時も、誰かな??位でした・・・
(記憶にあるときから、30年も経っています)
 
余裕でサインを頂けたのに・・今になって後悔しきりです!! あぁぁぁ・・
まだまだ・・修行が足りない・・・ですね!!


CIMG1064.jpg

    2011 日本GP キッチコピー 「 夢、駆ける。」         

CIMG0955_20111126113731.jpg

  アラン・ジョーンズ(Alan Jones MBE, 1946年11月2日 - )はオーストラリア生まれのレーシングドライバー。                1980年のF1ワールドチャンピオンである。

222_20111208000018.jpg

     パドック・エリア  ( 私にとっての聖地・・・)

333_20111208000026.jpg

     パドック・エリア (金曜日 AMは、画像の後方スタンドにて観戦していました)

444_20111208000034.jpg

     2011 F1パドック・パス ( このパスのために一年間頑張っているような~ 笑・・)




スポンサーサイト
Posted by F1 tomo  on 08.2011   6 comments   0 trackback

1963  ロータス23B

Category :  日本GP 2011
 日本GP 鈴鹿サーキットに観戦した時の画像を整理していましたら、ロータス23Bの画像がありました。

1963年に行われた、第1回日本グランプリ自動車レース大会にて優勝した、ロータス23のマイナーチェンジ 23Bです。
この大会が、日本における四輪レースの始まりで、歴史的な価値があり名車だと思います。

改めて、ロータス23Bを認識するいい機会になりました。


CIMG0906.jpg

  2012鈴鹿サーキット開場50周年記念ブースに展示していました。

CIMG0907.jpg


CIMG0908.jpg




Posted by F1 tomo  on 29.2011   6 comments   0 trackback

マクラーレン フォード  MP4/8   ブルーノ・セナ

Category :  日本GP 2011
サイン物・・第5弾  ブルーノ・セナ 編!!

ブルーノ・セナ・ラッリ(Bruno Senna Lalli, 1983年10月15日 - )はブラジル・サンパウロ市出身のF1ドライバーである。
かつてのF1ワールドチャンピオン、アイルトン・セナの姉であるビビアーニ・セナの長男であり、アイルトンの甥にあたる。

アイルトン・セナは現在もトップクラスの人気があり、いまだに多くのファンに慕われています。
マクラーレン フォード MP4/8 アイルトン・セナ 1993 鈴鹿サーキット ラストラン モデルです。
そのミニカーに、アイルトン・セナのDNAをもつ、ブルーノ・セナにパドックにてサインをして頂きました。

アイルトンは生前、マクラーレンチームを去る時に当時マクラーレンのチーム代表であったロン・デニスに 「もしあなたが 、
私を優れたドライバーだと評価するのなら、それは私の甥のブルーノを見るまで評価するのを少し待ってください」とも語り、
ブルーノのドライビングの才能を高く評価していました。

ブルーノ・セナはとても落着いた雰囲気でナイスガイでした、偉大なレーサーであった叔父に近ずいて欲しいですね。



11111_20111120195005.jpg

    ロータス・ルノー GP パドック エリア

22222.jpg


33333_20111120195017.jpg

    ロータス・ルノー GP  ホスピタリティーエリア

12_20111023102841.jpg

    マクラーレン フォード  MP4/8   アイルトン・セナ     ブルーノ・セナ 直筆サイン

13.jpg


14.jpg

     ロータス ルノー 98T   ブルーノ・セナ  直筆サイン

15.jpg




Posted by F1 tomo  on 25.2011   4 comments   0 trackback

ジョーダン フォード EJ14   ティモ・グロック

Category :  日本GP 2011
サイン物・・第4弾  ティモ・グロック 編!!

日本グランプリ パドックにてバージン F1 チーム エースドライバー ティモ・グロックにサインを頂きました。
私は、パナソニック・トヨタ・レーシングの時からのファンで沈着冷静なドライビングが好きですが、やはりチーム事情から     下位での活躍は惜しい気もします。

 ティモ・グロック(Timo Glock, 1982年3月18日 - )は、ドイツ・リンデンフェルス出身のレーシングドライバー

2_20111023102607.jpg

    ジョーダン フォード EJ14   2004   カナダGP    ティモ・グロック 直筆サイン

3_20111023102618.jpg



       2222_20111023102555.jpg
 
      ジョーダン ミッドランド トヨタ EJ15   チムニー
     (チムニーとは煙突という意味で、主にF1マシンのサイドポンツーン上に設けられる煙突状の排熱ダクト)

CIMG7725_20111022232130.jpg
     
   ジョーダン ミッドランド トヨタ EJ15   チムニー   ジョルジオ・パンターノ ・ ティモ・グロック 直筆サイン

CIMG7738_20111022232146.jpg

  チムニー  長辺 約500mm  高さ 約220mm  巾 約120mm  重さ 170g  (カーボン製 非常に軽量)

CIMG7732_20111022232138.jpg



Posted by F1 tomo  on 23.2011   5 comments   0 trackback

HONDA RC 112 ・ HONDA CBR 1000RR

Category :  日本GP 2011
 早いもので、日本グランプリ開催から二週間が経とうとしています。

ここで、日本グランプリ、ネタから気分転換にバイクの話題です。 はじめてのバイク編!!

鈴鹿サーキットではF1・レース関連以外にもいろんなブースがあり、このようにバイクの展示会場があります。
このバイクを見た瞬間・・・私のブログ仲間の、ryou904さん・るーのぼさんが喜びそうなので撮って来ました (笑・・・)
レース用バイクを始めて拝見しました、特に8耐バイクのフレームは迫力満点で驚きました!!
F1マシンの進化も凄いですが、バイクも同じですね! もう芸術品のように思えました。

最近・・・ryou904さんの影響力が大きいな~ 自然とバイクに目が行く・・・


 私は、毎年鈴鹿サーキットを訪れるとき、レース以外のワンシーンをその年の思い出に撮っています。
今年のカットはこのアングルです、グランプリエリア内 「大観覧車ジュピター」です。                                      毎年、天候に恵まれないことが多いのですが、今年は素晴らしい天候でした。
このスカイブルーのように清清しい気持ちでレース観戦することが出来き、今回もとても素晴らしい思い出が出来ました。

最近・・・70sとむさんの影響力が大きいな~  自然とアングルを考えてしまう・・・

こうして私のブログ仲間は、自然と私に影響を与えているいるのです。  (大笑!!)

gkglkigl.jpg

 HONDA RC 112  1962年 

世界初の50cc2気筒エンジンを搭載した4サイクルDOHCロードレーサー。'62年 第1回全日本ロードレース(鈴鹿)       で初登場、初優勝。(鈴鹿優勝車 No.11 T. ロブ)

1_20111021111438.jpg

2_20111021111447.jpg

3_20111021111454.jpg

CIMG0912.jpg

HONDA CBR 1000RR

7月31日(日)に鈴鹿サーキットで開催された「2011 QTEL FIM 世界耐久選手権シリーズ第3戦 “コカ・コーラゼロ"        鈴鹿8時間耐久ロードレース」において、近年まれにみる大接戦を#11秋吉耕佑/伊藤真一/清成龍一組               (F.C.C. TSR Honda)が制し、見事優勝を果たしました。

8888866.jpg

66_20111021111517.jpg

55_20111021111509.jpg

888_20111021111535.jpg

999_20111021111541.jpg

4_20111021111501.jpg

77_20111021111525.jpg


 次回、ブログ更新は・・・日本グランプリで頂いた、ミニカー・サイン編です。



Posted by F1 tomo  on 21.2011   6 comments   0 trackback
 HOME 

プロフィール

F1 tomo 

Author:F1 tomo 
コレクションしたF1パーツ・ミニカー・ラジコンボート・日本GP・身近な観光情報を紹介したいと思います!

アクセスカウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR