• MY Room                
    F1 PARTS & MINI・CAR COLLECION                                                
  • Ferrari F10
    フェルナンド・アロンソ                                     エンジン名 フェラーリTipo056                                     気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                 排気量 2,398cc                                                       最高回転数 18,000rpm                                                         シリンダーブロック アルミニウム製                                                                  バルブ数 32                                                                       ピストンボア 98mm                                                                             重量 95kg                                        スパークプラグ NGK[16][17]                                     燃料 シェルULG-66L/2                                                       潤滑油 シェル                   
  • McLaren MP4-25
    ジェンソン・バトン                      エンジン名 メルセデス・ベンツFO108X               気筒数・角度 V型8気筒・90度                排気量 2,400cc                          最高回転数 18,000rpm                                     バルブ数 32                                         ピストンボア 98mm                                                   重量 95kg
  • Red Bull RB6
    マーク・ウェバー                       エンジン名 ルノーRS27-2010                                   気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                        排気量 2,400cc                                                             最高回転数 18,000rpm                                                            シリンダーブロック アルミニウム鋳造製                                                             バルブ数 32                                                                   重量 95kg                                                                        潤滑油 トタル                                                                              エンジンマネージメント FIA(MES製)                     標準コントロールユニットTAG310B
  • Scuderia Toro Rosso
    2006 日本GP                                             ピットウオールスタンド                       チーム代表者  フランツ・トスト                            テクニカルディレクター  ジェームス・キー                                     ドライバー                                                   20. ヴィタントニオ・リウッツィ                                                                                                                                                                                21. スコット・スピード 
  •                       
  • McLaren MP4-21
    2006 日本GP ピットガレージ              デザイナー エイドリアン・ニューウェイ                               ホイール Enkei                                    エンジン Mercedes-Benz FO108S                                                 気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                          排気量 2,400cc                                                                燃料・潤滑油 モービル
  • Sauber C31
    2012 日本GP ピットガレージ                                小林 可夢偉                                           エンジン フェラーリ 056                                                        排気量 2,398 cc                               型式 自然吸気 V8エンジン                                             バンク角 90°                                                  エンジンブロック 砂型鋳造アルミニウム製                                                      ボア径 98 mm                                                      バルブ数 32                                                     バルブ駆動 ニューマチック                            

Muta Racing  TWS IS350

Category : マシンパーツ ・ グッズ

 今回、紹介するのは 2015  FUJI SPEEDWAY スーパー耐久レース 第3戦  ST-3 クラス 優勝トロフィー です。
  

スーパー耐久は、市販車を改造した車両によって行われるツーリングカーレースです。


SUPER GTではエンジンや車体等にかなり大幅な改造が認められているのに対し、スーパー耐久では市販の量産自動車に対し小規模の改造を施したマシンとなり、市販車の実力テスト的な形でレースが行なわれています。


スーパー耐久は排気量や駆動方式により5クラスに分けてシリーズが展開されています。


このST3 クラス 優勝トロフィーは、排気量が2,001 - 3,500ccの二輪駆動車で争われたレースのものです。







304.jpg


     Muta  Racing  TWS IS350  TOYOTA  LEXUS IS350      植田 正幸    阪口 良平    堀田 誠


DSCF3027.jpg


     2015  Super Taikyu Series Round 3   ST-3 class   Victory trophy


DSCF3033.jpg


      SUPER  TEC -RIJ-  (2015/07/04)  Free  Practice  Weather :Cloudy  Course:Dry


DSCF3020.jpg


     Crystal  Trophy    20㎝ × 14㎝ × 6.5㎝








スポンサーサイト
Posted by F1 tomo  on 30.2017   0 comments   0 trackback

Bar mat   Red bull

Category : マシンパーツ ・ グッズ

  今回 紹介するのは、エナジードリンク レッド・ブルのバーマットです。


バーマットは、バーなどのお店でグラスやボトルを置くのに使われています。


ラバー製でそこそこの重さが有り表面は粒立っていますので、グラスがすべりにくくなっています。
レッド・ブル ロゴの部分は見た目がよく浮き上がっていてます。



ところで・・・・私はまったくお酒が飲めないのでバーマットとは無縁なのですが・・・
レッドブルのロゴがあるとついついコレクションしてしまいます・・・・・トホホ  笑





DSCF2956.jpg


     Bar mat    Red bull


DSCF2957.jpg


    60cm × 9cm × 1cm


DSCF2975.jpg

  
    Red  bull   collection   Board






Posted by F1 tomo  on 04.2017   0 comments   0 trackback

Ferrari F1 1929 License plate

Category : マシンパーツ ・ グッズ
  今回、紹介するのは フェラーリ F1 1929 ライセンスプレート です。


1929年、アルファロメオのレーシングドライバー エンツォ・フェラーリ がレース仲間と共に 「 ソシエタ・アノニーマ・スクーデリア・フェラーリ」 を創設しました。

当初はレース愛好家をサポートするディーラーチームでした。


F1世界選手権に創設時から参戦し続ける唯一のチームで、2009年までに最多の16回のコンストラクターズタイトルを獲得し、9人のドライバーズチャンピオンを輩出。通算最多勝・最多出走など、数多くのタイトルと記録を保持しています。


F1ドライバーの誰もが憧れる フェラーリ  


2017 今年こそ、フェラーリはタイトル獲得出来るのでしょうか・・・・凄く興味深いですね!





DSCF2927.jpg


   Scuderia Ferrari F1 1929   License plate






Posted by F1 tomo  on 01.2017   0 comments   0 trackback

2017 Bahrain  GP  License plate

Category : マシンパーツ ・ グッズ
  今回、紹介するのは 2017年 バーレーンGP 公式ナンバープレートです。


バーレーンGP主催者が関係者に配布した非売品 ナンバープレート


「16.04.17」 という数字は、レースが開催された年月日の2017年4月16日を表しています。


私は、この公式ナンバープレートを2004年の開催年からコレクションを試みていますが・・・・・
まだ、全ての年がコンプリート出来ていません、非売品なので何時になるのやら多分無理かもしれませんね・・・・トホホ


   



DSCF2917.jpg


    2017  Bahrain  Grand  Prix   License plate  ・  Program 


DSCF2915.jpg


    جائزة البحرين الكبرى‎





Posted by F1 tomo  on 28.2017   0 comments   0 trackback

F1 世界選手権 イン ジャパン 1976 

Category : マシンパーツ ・ グッズ

 今回、紹介するのは F1 世界選手権 イン ジャパン 1976  総集編 ジョー ホンダ  写真プログラムです。


F1世界選手権イン・ジャパンは、1976年のF1世界選手権第16戦として、1976年10月22日から10月24日にかけて
富士スピードウェイで日本で初めて開催されました。


表紙を飾っているドライバーの眼光の鋭さに衝撃を受けた事を今でも鮮明に覚えています。
獲物を狙っているような鷹の眼・・・これがF1レーサーの眼なのか・・・


雑誌を拝読しているうちにドライバーが 「 ニキ ・ ラウダ 」 である事を知りました。
その事が、私のF1の原点になっています。


いつか、お会いしたい気持があっても、F1はモータースポーツの最高峰に存在するカテゴリーでF1の現状を知れば知るほど   F1ドライバーに直接会う事など夢のまた夢・・・ましてや ニキ・ラウダ となると・・・不可能と思っていました。



あれから時が流れ・・・・・34年後の2011の日本GP 鈴鹿サーキットで ニキ・ラウダ にお会いすることが出来ました。



初めパドックで見かけた時、信じられなく震えて近づくことすら出来ず遠くから見つめていました。
私にとって特別な存在のF1ドライバーなのです。





DSCF2904.jpg


     F1  世界選手権  イン ジャパン 1976   総集編


DSCF2906.jpg




DSCF2907.jpg




DSCF2910.jpg


      1976  日本GP 公式 プログラム


DSCF2913.jpg


       


CIMG1037_20170518184251c2e.jpg


      2011  Japanese grand prize    Paddock   


CIMG1038_20170518184252895.jpg


      2011   Japanese grand prize    Paddock    


CIMG1171_2017051818425570d.jpg

 
     Niki ・RAUDA   FERARI SUTEARINGU    autograph Signature.


n11111_20170518184349651.jpg






Posted by F1 tomo  on 18.2017   0 comments   0 trackback
 HOME 

プロフィール

F1 tomo 

Author:F1 tomo 
コレクションしたF1パーツ・ミニカー・ラジコンボート・日本GP・身近な観光情報を紹介したいと思います!

アクセスカウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR