FC2ブログ
  • MY Room                
    F1 PARTS & MINI・CAR COLLECION                                                
  • Ferrari F10
    フェルナンド・アロンソ                                     エンジン名 フェラーリTipo056                                     気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                 排気量 2,398cc                                                       最高回転数 18,000rpm                                                         シリンダーブロック アルミニウム製                                                                  バルブ数 32                                                                       ピストンボア 98mm                                                                             重量 95kg                                        スパークプラグ NGK[16][17]                                     燃料 シェルULG-66L/2                                                       潤滑油 シェル                   
  • McLaren MP4-25
    ジェンソン・バトン                      エンジン名 メルセデス・ベンツFO108X               気筒数・角度 V型8気筒・90度                排気量 2,400cc                          最高回転数 18,000rpm                                     バルブ数 32                                         ピストンボア 98mm                                                   重量 95kg
  • Red Bull RB6
    マーク・ウェバー                       エンジン名 ルノーRS27-2010                                   気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                        排気量 2,400cc                                                             最高回転数 18,000rpm                                                            シリンダーブロック アルミニウム鋳造製                                                             バルブ数 32                                                                   重量 95kg                                                                        潤滑油 トタル                                                                              エンジンマネージメント FIA(MES製)                     標準コントロールユニットTAG310B
  • Scuderia Toro Rosso
    2006 日本GP                                             ピットウオールスタンド                       チーム代表者  フランツ・トスト                            テクニカルディレクター  ジェームス・キー                                     ドライバー                                                   20. ヴィタントニオ・リウッツィ                                                                                                                                                                                21. スコット・スピード 
  •                       
  • McLaren MP4-21
    2006 日本GP ピットガレージ              デザイナー エイドリアン・ニューウェイ                               ホイール Enkei                                    エンジン Mercedes-Benz FO108S                                                 気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                          排気量 2,400cc                                                                燃料・潤滑油 モービル
  • Sauber C31
    2012 日本GP ピットガレージ                                小林 可夢偉                                           エンジン フェラーリ 056                                                        排気量 2,398 cc                               型式 自然吸気 V8エンジン                                             バンク角 90°                                                  エンジンブロック 砂型鋳造アルミニウム製                                                      ボア径 98 mm                                                      バルブ数 32                                                     バルブ駆動 ニューマチック                            

ニキ・ラウダ

Category : 未分類
 伝説的な元F1ドライバー ニキ・ラウダ氏 が天に召されました。

訃報を聞いたときは、全身の力が抜けてしまいました。


以前にも紹介させて頂きましたが、私が初めてF1の存在を知ったのは 1977 AUTO SPORT 誌を見たときです。
何気なく本屋に立ち寄り表紙のドライバーの眼光の鋭さに衝撃を受けました。

この時にドライバーが ニキ・ラウダ と知りました。
まさに、私のF1の原点であり ヒーローなのです、いつかはお会いしたといつも夢見ていました。


30数年後、憧れのニキ・ラウダ氏にお会い出来た事は、私にとっては奇跡でした。
差し出したフェラーリのステアリングにとても丁寧にサインをして頂いたことは、今でも鮮明に記憶に有ります。



言葉では、言い尽くせない何かを心の中で失ってしまいました・・・・
ご冥福をお祈りします。





20190524_181150.jpg


     1977  12.1     AUTO SPORT


CIMG1037_201905241816580cb.jpg


     2011 日本GP    鈴鹿サーキット パドック


CIMG1038_2019052418170119a.jpg





CIMG1171_201905241817030af.jpg





n11111_20190524181704cbc.jpg








スポンサーサイト
Posted by F1 tomo  on 24.2019   0 comments   0 trackback

F1 フォトグラファー 熱田 護

Category : 未分類

 今回、紹介するのは 私の大好きな F1 フォトグラファーの 熱田 護氏です。


今日は、休日で部屋のレイアウトを変更していると奥にしまっていた、熱田 護さんの写真集が出て来ました。
私が、初めて彼の作品を拝見したとき凄く衝撃を受けました。

報道写真とは一線を画した芸術的なF1世界選手権シリーズの作品はまさに素晴しいの一言で虜になってしまいました。


以前、鈴鹿サーキットにてお会いしサインを頂いたのはもう10年も前の事です。
時が経つのはほんと早いですね・・・・


現在も第一線で活躍されている姿は誇らしく憧れの存在です。





20190512_174138.jpg




20190512_174212.jpg




20190512_174301.jpg




20190512_174353.jpg






Posted by F1 tomo  on 12.2019   0 comments   0 trackback

日本GPに向けて準備中です。

Category : 未分類
 ついに待ちに待った、日本GPも今週に開幕しますね !


私は、水曜日 仕事が終わり次第、鈴鹿に向けて出発しようと思っています。
今のところ22時頃出発し3時到着予定です。一人旅なので睡魔との戦いです・・・汗
鈴鹿には、木曜日から土曜日まで滞在予定です。


台風24号の行方が非常に気になりますが、それ以上に台風25号の方がもっと気になります。
予報では、初日から雨みたいですね。 汗・・・・


あの悪夢の2004年の様にならなければ良いのですが・・・・


また、インフィールドバスエリアは、雨が降った場合どうなるのでしょうか ?  トホホ・・・・
ほんと、台風かなわんわ~




20180930_165455.jpg


画像に写っていない物を含め多数のアイテムを持参しようと思っていますが、間違いなくそのまま持って帰りそうです・・・笑






Posted by F1 tomo  on 30.2018   2 comments   0 trackback

Ferrari by Logic3 P200

Category : 未分類

  今回、紹介するのは スクーデリア・フェラーリ P200 オーバーイヤーヘッドホン  レッド です。

フェラーリをモチーフにしたデザインになっている公式コラボ製品です。


デザインがとても気に入ったので使用するのではなくディスプレイ用に、思わず衝動買いしてしまいましたが・・・・・
なんと、友達がえらく気に入ってくれたのでそのままプレゼント
まあ、ディスプレイより使っていただく方がいいので、一週間でお嫁に行ったアイテムです !  笑






i-img800x600-1525427305tvqasx503885_20180616214814ae9.jpg





i-img800x599-1525427509yko4mz520236_20180616214813ca6.jpg





i-img800x600-1525427554lyw9vu518785_20180616214815306.jpg





Posted by F1 tomo  on 17.2018   0 comments   0 trackback

杉田玄白 解體新書

Category : 未分類

  今回は、F1ネタでは有りません。 以前にも紹介しましたが・・・・


 私は以前、杉田玄白 解體新書を初め西洋医学書などの電子アーカイブ事業の一環として永年保存文書 (古文書) の
マイクロフィルム作成 ・ 記録伝達資料作成 ・ 関係資料の所蔵 ・ 閲覧を目的とした業務に携わっていました。
 

杉田玄白は、現代医学の礎を築いた、偉大な蘭学者であり医師です。

解體新書の原本を初めて手にした時は、現代医学の原点であり先人の偉大さに感動し鳥肌が立ちました。
私にとって貴重な経験であり思い入れの事業でした。




81306024013433.jpg
                                                                  借用画像
   
   杉田玄白   解體新書     ( 教科書で見た事有りますよね )




  20180513192348kaitai450.jpg


5月12日 京都大学付属図書館 では、医学書9千冊電子化 「解体新書」 もネットで配信


~以下掲載文~

平安時代から明治時代に至る日本医学史を渉猟した富士川游(ゆう)(1865~1940)の約9千冊に及ぶ医学書のコレクションを、京都大付属図書館が電子化して公開を始めた。

教科書などでおなじみの「解体新書」から戦国大名の家に伝わる医書まで、日本の医学史を総覧する和漢の典籍、西洋医学の翻訳書を読むことができる。

戦国大名の今川家に伝わる医書もあり、多彩な角度から古い医学の世界を垣間見られる。ダウンロードでき、無償で複製や加工、ウェブサイトへの掲載もできる。

続く・・・・


この、ニュースを拝見し 貴重な資料のデータが情報共有出来ることの素晴らしさを実感しています。
興味の有る方は、検索されては如何ですか ?




Posted by F1 tomo  on 16.2018   0 comments   0 trackback
 HOME 

プロフィール

F1 tomo 

Author:F1 tomo 
コレクションしたF1パーツ・ミニカー・ラジコンボート・日本GP・身近な観光情報を紹介したいと思います!

アクセスカウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR