• MY Room                
    F1 PARTS & MINI・CAR COLLECION                                                
  • Ferrari F10
    フェルナンド・アロンソ                                     エンジン名 フェラーリTipo056                                     気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                 排気量 2,398cc                                                       最高回転数 18,000rpm                                                         シリンダーブロック アルミニウム製                                                                  バルブ数 32                                                                       ピストンボア 98mm                                                                             重量 95kg                                        スパークプラグ NGK[16][17]                                     燃料 シェルULG-66L/2                                                       潤滑油 シェル                   
  • McLaren MP4-25
    ジェンソン・バトン                      エンジン名 メルセデス・ベンツFO108X               気筒数・角度 V型8気筒・90度                排気量 2,400cc                          最高回転数 18,000rpm                                     バルブ数 32                                         ピストンボア 98mm                                                   重量 95kg
  • Red Bull RB6
    マーク・ウェバー                       エンジン名 ルノーRS27-2010                                   気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                        排気量 2,400cc                                                             最高回転数 18,000rpm                                                            シリンダーブロック アルミニウム鋳造製                                                             バルブ数 32                                                                   重量 95kg                                                                        潤滑油 トタル                                                                              エンジンマネージメント FIA(MES製)                     標準コントロールユニットTAG310B
  • Scuderia Toro Rosso
    2006 日本GP                                             ピットウオールスタンド                       チーム代表者  フランツ・トスト                            テクニカルディレクター  ジェームス・キー                                     ドライバー                                                   20. ヴィタントニオ・リウッツィ                                                                                                                                                                                21. スコット・スピード 
  •                       
  • McLaren MP4-21
    2006 日本GP ピットガレージ              デザイナー エイドリアン・ニューウェイ                               ホイール Enkei                                    エンジン Mercedes-Benz FO108S                                                 気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                          排気量 2,400cc                                                                燃料・潤滑油 モービル
  • Sauber C31
    2012 日本GP ピットガレージ                                小林 可夢偉                                           エンジン フェラーリ 056                                                        排気量 2,398 cc                               型式 自然吸気 V8エンジン                                             バンク角 90°                                                  エンジンブロック 砂型鋳造アルミニウム製                                                      ボア径 98 mm                                                      バルブ数 32                                                     バルブ駆動 ニューマチック                            

バーレーンGP パドック・クラブパス

Category : 未分類
 
 今回、紹介するのは 2010 バーレーンGP パドック・クラブパスに  ザウバー マーカス・エリクソン
ハース  レースエンジニア 小松礼雄  ルノー  セルゲイ・シロトキン ? だと思うのですが・・・スミマセン・・汗
サインを頂きました。


日本GP後、仕事が忙しく余韻に浸ることなく現実に戻っている日々です。


 今回の日本GPで楽しみにしていた一つに ブロ友 A氏にお会いする事でした。
A氏のモータースポーツの情熱は凄くて私には到底まねの出来ない素晴らしい方なのです !
初対面にも関わらず気さくにお話をして頂き感謝・感謝です。
今後ともお付き合い宜しくお願い致します。



出来れば・・・ミーハー活動に連れて行ってください・・・・笑






CIMG8279.jpg





スポンサーサイト
Posted by F1 tomo  on 31.2017   0 comments   0 trackback

2017 日本GPに向けて・・・

Category : 未分類

 早いもので、2017 日本GP 開幕までカウントダウンとなりました。

鈴鹿に向けて、休暇を頂きましたので引継ぎ資料と準備を必死にしています・・・笑


10月4日 (水) 仕事が終わり次第 出発予定 車で約 5時間掛かかりますので睡魔との戦いです ! 汗・・・
   5日 (木) ~ 7日 (土) まで鈴鹿サーキットに滞在予定です。 
   8日 (日) 決勝は翌日の仕事の関係で観戦できません・・・・・涙


2年ぶりの日本GP 最近では、レース観戦より仲間にお会いすることが凄く楽しみにしています。
大阪のYさん、愛知のOさん 東京のⅠさん 横浜のKさん 気をつけて来てね・・
また、私の尊敬しているミニカー・コレクターの千葉のAさん にお会い出来る事楽しみにしています !

みなさん宜しくお願い致します。 




ps
私がリスペクトしている Ferrari fan さん パドック楽しんで下さいね !  また レア情報お待ちしています・・・笑
岐阜県のGo さんは、観戦に来られますか ?  





DSCF3199.jpg






Posted by F1 tomo  on 28.2017   8 comments   0 trackback

2012 PIT LANE WALK SANDAY PASS 

Category : 未分類

 今回 紹介するのは 2012 PIT LANE WALK  SANDAY PASS です。


このピットランパスは、数量限定であり ミカ・ハッキネン がカッコイイです レアなパスです・・・・笑


ピットガレージは、マシン整備がまじかで見られる憧れのエリアでとても興味深かったです。

決勝を控えたこの時間帯でもチームは穏やかな状態なのには少し驚きました。



多分、二度と行けない決勝前のピット・ガレージ今となっては良い思いです。





DSCF3177.jpg


    2012  PIT LANE WALK     SANDAY PASS      Mika Pauli Häkkinen,


DSCF0337.jpg


    Ferrari  Pit  wall  stand


DSCF0306_201709031723413e7.jpg


     Scuderia  Toro  Rosso            Toro Rosso STR7


DSCF0309.jpg


    Williams  Grand  Prix  Engineering      Williams FW34


DSCF0356_20170903172347cee.jpg


     Lotus  E20  Steering    Kimi- Räikkönen


DSCF0332_20170903172344bb1.jpg


     Mercedes-Benz   SLS  AMG  F1 Safety car.


DSCF0346.jpg


    2012 日本GP 決勝 数時間前のメインストレート


IMG_4495.jpg


    2015  Pit lane   McLaren  MP4-30


IMG_4492_201709131953067cb.jpg







Posted by F1 tomo  on 20.2017   0 comments   0 trackback

Jordan EJ  12  Brake putt

Category : 未分類

  今回、紹介するのは ジョーダン EJ ブレーキ・パット  ジャンカルロ・フィジケラ  ラルフ・フォアーマン 直筆サイン


このパーツは、私が初めてF1ドライバーにサインを頂いた物です。

日本GP 鈴鹿サーキットを訪れ時、先輩から携帯に連絡がありパドックに連れて頂きました。

突然のパドック訪問は、別次元の世界で緊張しフリーズしてしまい動けなかったです・・・大汗



その後、私はジャンカルロ・フィジケラのファンクラブに入会し素晴らしい人柄に魅了されました・・・・





F1-Fansite_com 2003 HD wallpaper F1 GP Italy_06


    Jordan   EJ 13


f1-jordan-ej13-livery-launch-2003-giancarlo-fisichella-eddie-jordan-and-ralph-firman-with.jpg


    Giancarlo   Fisichella   ・  Eddie Jordan  ・   Ralph  Firman  


DSCF3107.jpg


    Giancarlo   Fisichella   ・   Ralph  Firman       Brake putt  Autograph  signature  
       

DSCF3109.jpg







Posted by F1 tomo  on 27.2017   0 comments   0 trackback

1/8  Ferrari  F2004

Category : 未分類
 
 今回、紹介するのは 1/8 スケール Ferrari  F2004 です。


Ferrari  F2004は、F2003-GAを発展開発し、信頼性を向上させ 開幕戦から5連勝するなど、全18戦中13勝でシーズン最多勝記録を更新 5年連続で通算7度のチャンピオンに輝きました。


ミハエル・シューマッハはF1史上最高の戦績を残し、精密機械のようなドライビングテクニックを賞賛される一方、危険走行すれすれの強引な走行で批判されることもしばしばありました。


2003 日本GP 鈴鹿サーキット パドックで初めてお会いし格別のオーラを感じえました。


2013年の事故以降、公の場でシューマッハの姿を見ることはできません。
ミハエル・シューマッハからポジティブなニュースが聞けることを心から願っています。







15_20130802110840a87_20170703183811fce.jpg


     2004  Calendario    Michael  Schumacher    autograph   Signature


           FH010016_20130804005442ec9_201707031838134ff.jpg


              Japanese G P   Paddock      Michael  Schumacher


DSCF3050.jpg


     1/8    Ferrari   F2004 


DSCF3059.jpg


      Ferrari   F2004   front Wing


DSCF3065.jpg


     Ferrari   F2004    Rear Wing


DSCF3045.jpg


      full  length  57 cm


DSCF3043.jpg


    1/8  Ferrari  F2004  ・  1/43  Ferrari   F2004  







Posted by F1 tomo  on 06.2017   0 comments   0 trackback
 HOME 

プロフィール

F1 tomo 

Author:F1 tomo 
コレクションしたF1パーツ・ミニカー・ラジコンボート・日本GP・身近な観光情報を紹介したいと思います!

アクセスカウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR