FC2ブログ
  • MY Room                
    F1 PARTS & MINI・CAR COLLECION                                                
  • Ferrari F10
    フェルナンド・アロンソ                                     エンジン名 フェラーリTipo056                                     気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                 排気量 2,398cc                                                       最高回転数 18,000rpm                                                         シリンダーブロック アルミニウム製                                                                  バルブ数 32                                                                       ピストンボア 98mm                                                                             重量 95kg                                        スパークプラグ NGK[16][17]                                     燃料 シェルULG-66L/2                                                       潤滑油 シェル                   
  • McLaren MP4-25
    ジェンソン・バトン                      エンジン名 メルセデス・ベンツFO108X               気筒数・角度 V型8気筒・90度                排気量 2,400cc                          最高回転数 18,000rpm                                     バルブ数 32                                         ピストンボア 98mm                                                   重量 95kg
  • Red Bull RB6
    マーク・ウェバー                       エンジン名 ルノーRS27-2010                                   気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                        排気量 2,400cc                                                             最高回転数 18,000rpm                                                            シリンダーブロック アルミニウム鋳造製                                                             バルブ数 32                                                                   重量 95kg                                                                        潤滑油 トタル                                                                              エンジンマネージメント FIA(MES製)                     標準コントロールユニットTAG310B
  • Scuderia Toro Rosso
    2006 日本GP                                             ピットウオールスタンド                       チーム代表者  フランツ・トスト                            テクニカルディレクター  ジェームス・キー                                     ドライバー                                                   20. ヴィタントニオ・リウッツィ                                                                                                                                                                                21. スコット・スピード 
  •                       
  • McLaren MP4-21
    2006 日本GP ピットガレージ              デザイナー エイドリアン・ニューウェイ                               ホイール Enkei                                    エンジン Mercedes-Benz FO108S                                                 気筒数・角度 V型8気筒・90度                                                          排気量 2,400cc                                                                燃料・潤滑油 モービル
  • Sauber C31
    2012 日本GP ピットガレージ                                小林 可夢偉                                           エンジン フェラーリ 056                                                        排気量 2,398 cc                               型式 自然吸気 V8エンジン                                             バンク角 90°                                                  エンジンブロック 砂型鋳造アルミニウム製                                                      ボア径 98 mm                                                      バルブ数 32                                                     バルブ駆動 ニューマチック                            

郷照寺

Category : 未分類
 先月、厄除けの寺として名高い 郷照寺 (ごうしょうじ) にお参りに行きました。


郷照寺 は、香川県宇多津町にある 四国八十八箇所霊場の第七十八番札所です。

郷照寺は行基の開創で、四国八十八箇所では珍しい異なる時宗と真言宗の2つの宗派が共存する寺です。
高台にある大師堂から眺められる広大な池と庭園は見事で、頻繁に手入れされている姿が見られます。



せっかく、うどん県 (香川県) に来たので・・・・・
一日に、四千人が行列をつくる讃岐うどんの老舗  うどん本陣 山田家 に行って来ました。

約800坪の広大な敷地に建てられた屋敷は、登録有形文化財でもあり、こだわりのさぬきうどんを、本店ならではの
風情ある空間で召し上がると格別です。






20200130_185415.jpg


     四国八十八箇所霊場の第七十八番札所   郷照寺


20200130_130047.jpg


     うどん本陣 山田家


20200130_133852.jpg


    山田家創業の立役者 「和田邦坊」 のギャラリー


20200130_185506.jpg


    わかめうどん と 天丼


20200130_131422.jpg





スポンサーサイト



Posted by F1 tomo  on 16.2020   0 comments   0 trackback

思いで深い日

Category : 未分類
  
 私がF1の存在を知ったのは、何気なく立ち寄った本屋で1冊の本 (1977 AUTO SPORT誌 ) との出会いからです。

あれから40数年が経ちました・・・


また、何気なく立ち寄ったF1ショップのオーナーが私の先輩でまさかの20数年ぶりの再会・・・・・ 「 縁 」 
その先輩の誘いで日本GP 観戦が始まりました。


F1を通じて多くの方との出会い 「 縁 」 が有りました。
今では、私にとってかけがえのない友人です。

 
 そんななか、先週末に会社の方から人生の節目のお祝いをして頂きました。
当初は、食事会と思っていましたが、サプライズで私の大好きなレッドブルのアイテムをプレゼントして頂きました。
突然の事で、ビックリしてアイテムを見入ってしまい ろくにお礼の挨拶も忘れる始末でした・・・・汗


会社の方との出会い 「縁」 に感謝の気持ちで一杯です。
私にとってとても思いで深い日になりました。






20200126_103004.jpg


   プレゼントをして頂いたアイテム  涙


20200126_102355.jpg


   箱を拝見しただけでアイテムが直ぐに分りました・・・・ 実は、以前からほんと欲しかったのです・・・・


20200126_102612.jpg


   嬉し過ぎて・・・もったいなくて・・・・・使えない・・・・・・汗


20200126_102752.jpg

 
   RB9






Posted by F1 tomo  on 02.2020   0 comments   0 trackback

F1を心から愛した今宮純氏

Category : 未分類

  日本のモータースポーツ・ジャーナリストの先駆けとして、F1解説者として活躍した今宮純氏が1月4日朝、急逝した。

この衝撃的なニュースを受け信じられない気持ちで一杯になりました。


1994年 サンマリノGPでアイルトン・セナの死を生中継で 「 再来週のモナコGPにアイルトン・セナはいませんが、F1は続いていくわけです 」 震え涙ながらにコメントする姿が今でも鮮明に記憶になります。



F1を心から愛した男 今宮純氏 のご冥福をお祈りします。






20200112_103017.jpg


  私のブログ タイトル 「 F1 パドック・パス 」 は、今宮純氏 著書 パドック・パス からです。  涙・・・・


20200112_102856.jpg






Posted by F1 tomo  on 12.2020   0 comments   0 trackback

友達に感謝・・・・・

Category : 未分類
 早いもので、日本GPから一週間が経とうとしています。

私は、この日本GP 観戦を凄く楽しみにして居ましたが・・・・・・
一ヶ月以上前から体調が悪く歩行するのも困難な時があり、広い鈴鹿サーキット内を歩くことが難しいと思い諦めていました。

病院での検査の結果手術するしか方法が無いみたいで月末から入院します。
そんななか、友達からプログラムとサインカードが届き感謝の気持ちで一杯になりました。
また、頑張ってブログを更新しますので宜しくお願い致します。






20191020_171105.jpg




20191020_171012.jpg






Posted by F1 tomo  on 20.2019   0 comments   0 trackback

コレクションのスペースが無い!

Category : 未分類

 今回、紹介するのはコレクション部屋です。

コレクションが増えてくるといつも何処に飾ろうかと悩むのです・・・・汗

コレクションを全て出すと統一感がなくなってしまうし・・・・
なんども並べ方を変えながらディスプレイするのですが、結局 イメージ通りに行かなくて押入れ行きなのです。


今では、飾れないアイテムが一大勢力になっています・・・トホホ
やはりA型人間が災いしているのか?


みなさんは、どの様にコレクションノの整理をしているのか?
是非、アドバイスを伺いたいです。





20190728_203406.jpg




20190728_203334.jpg




20190728_181606_2019072820440891a.jpg




20190728_203157.jpg




20190728_203243.jpg







Posted by F1 tomo  on 28.2019   6 comments   0 trackback
 HOME 

プロフィール

F1 tomo 

Author:F1 tomo 
コレクションしたF1パーツ・ミニカー・ラジコンボート・日本GP・身近な観光情報を紹介したいと思います!

アクセスカウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR